治承五年正月大の月  「七月十四日養和元年に」


治承五年 (1181)正月大一日戊申。卯尅。前武衛參鶴岳若宮給。不及日次沙汰。以朔旦被定當宮奉幤之日云々。三浦介義澄。畠山次郎重忠。大庭平太景義等率郎從。去半更以後警固辻々。御出儀御騎馬也。着御于礼殿。専光房良暹豫候此所。先神馬一疋引立寳前。宇佐美三郎祐茂。新田四郎忠常等引之。次法華經供養。御聽聞。事終還御之後。千葉介常胤献?飯。相具三尺里魚。又上林下客不知其員云々。


治承五年(1181年)正月大の月一日、戊申(つちのえさる)。卯の刻(午前六時頃)に、頼朝殿が鶴岡八幡宮に参詣されました。日々の吉凶などには関係なく、毎月一日を当八幡宮の参詣日に決定したとか云々。

三浦介義澄、畠山次郎重忠、大庭平太景義らが家来を引き連れて、昨夜遅くから辻々を警戒してきました。頼朝殿は馬に乗られての出御でした。拝殿にお着きになりますと、専光房良暹はあらかじめここに控えていました。

最初に神馬一匹が社前に引き立てられ、宇佐美三郎祐茂、新田四郎忠常らがこれを引きました。次に法華経の読経が行われ、頼朝殿はお聞きになられ、やがて行事が全て終わり、頼朝殿がお帰りになられた後、千葉介常胤が宴席を設けました。

三尺もあるような鯉が披露され、またそのほか料理や酒については、限りが無かったとか云々。


治承五年 (1181)正月大五日壬子。關東健士等廻南海。可入花洛之由風聞。仍平家分置家人等於所々海浦。其内。差遣伊豆江四郎。警固志摩國。而今日熊野山衆徒等競集于件國菜切嶋。襲攻江四郎之間。郎從多以被疵敗走。江四郎經太神宮御鎭坐神道山遁隱宇治岡之處。波多野小次郎忠綱〔義通二男。〕同三郎義定〔義通孫。〕等主從八騎。折節相逢于其所。爲抽忠於源家。遂合戰誅江四郎之子息二人云々。忠綱。義定者。相傳故波多野次郎義通遺跡。住于當國。右馬允義經有不義。於相摸國雖蒙誅罰。於此兩人者。依思舊好。所勵勳功也。


治承五年(1181年)正月大の月五日、壬子(みずのえね)。関東で辺境の治安に当たっていた兵士らが南海道(紀伊半島の沖)を迂回し、都に攻め込んでくると噂が流れました。そこで平家ではあちこちの浦々に家来を配備しました。

その中でも、伊豆江四郎を志摩国の警備に当たらせました。そして今日熊野山の衆徒僧兵らが、志摩国の菜切島(志摩市大王町)に先を争うように集まり、江四郎を襲撃しました。江四郎側の家来ら多くの者が傷を負って逃げました。

江四郎は伊勢神宮が鎮座されている神道山を経て、宇治岡に逃げ込み隠れていたところを、波多野義通の次男、小次郎忠綱、また義通の孫である三郎義定ら主従八騎とそこで出会ったのです。彼らは源氏に対する忠義立てを見せようと合戦になり、

江四郎の子息二人を殺害したとか云々。波多野小次郎忠綱と三郎義定は故波多野次郎義通の旧領を相続して、この志摩国に居住しています。右馬允波多野義常は頼朝殿に敵対し、相模国の松田郷で討伐されたのですが、

この二人は源氏に対して昔からのよしみを感じて、忠勤に励んでいるのです。


治承五年(1181)正月大六日癸丑。工藤庄司景光生取平井紀六。是去年八月早河合戰之時。害北條三郎主之者也。而武衛入御鎌倉之後。紀六逐電。不知行方之間。仰駿河伊豆相摸等之輩。被搜求之處。於相摸國蓑毛邊。景光獲之。先相具參北條殿。即被申事由於武衛。仍被召預義盛訖。但無左右不可梟首之旨被仰付之。糺問之處。於所犯者令承伏云々。


治承五年(1181年)正月大の月六日、癸丑(みずのとうし)。工藤庄司景光は平井紀六を生け捕りました。この者は昨年八月の早河合戦(石橋山合戦)において、北条三郎宗時(北条時政の子息)を殺害した者です。

そのためか頼朝殿が鎌倉にお入りになってから、この紀六は何処かへ逃げて行方が分からなくなっていましたが、駿河、伊豆、相模などの武将に命じて探させていたところ、相模国蓑毛(秦野市蓑毛)の辺りで工藤庄司景光が捕らえたのでした。

まず最初に、北条殿の所に連れて行ったところ、すぐに事の次第を頼朝殿にお知らせしました。その結果、和田太郎義盛が身柄を預かることになったのです。ただし、簡単に処刑することはならないと言われました。しかし、尋問をした結果、殺害を認めたので承知したとか云々。


治承五年 (1181)正月大十一日戊午。梶原平三景時依仰初參御前。去年窮冬之比。實平相具所參也。雖不携文筆功言語之士也。専相叶賢慮云々。


治承五年(1181年)正月大の月十一日、戊午(つちのえうま)。梶原平三景時が初めて頼朝殿の御前に呼ばれました。昨年の冬も終わり頃に、土肥次郎実平が連れてきた者です。文章に関してはさほどではありませんが、話術には長けているとかで、

頼朝殿にはお気に入りの人だったとか云々。


治承五年(1181)正月大十八日乙丑。去年十二月廿八日。南都東大寺。興福寺已下堂塔坊舎。悉以爲平家燒失。僅勅封倉寺封倉等免此災。火焔及大佛殿之間。不堪其□。周章投身。燒死者三人。兩寺之間。不意燒死者百餘人之由。今日風聞于關東。是相摸國毛利庄住人僧印景之説也。印景爲學道。此兩三年在南都。依彼滅亡歸國云々。


治承五年(1181年)正月大の月十八日、乙丑(きのとうし)。昨年十二月二十八日に、南都の東大寺、興福寺以下の堂塔伽藍や僧坊など、ことごとく平家の為に焼き尽くされ、わずか勅命によって封印された正倉院などが、この火災から助かっただけです。

火炎が大仏殿にまで及ぶと、慌てふためいて、炎の中に身を投げて死んだ者が三人もいます。この二つの寺だけで訳も分からずに焼け死んだ者が百余人も出たと、今日関東にも情報が流れてきました。これは相模国、毛利庄(厚木市)の住人である僧印景の話です。

彼、印景は仏教の勉学のため、ここ二、三年ほど南都にいたのですが、寺々が滅亡したため帰国したとか云々。


治承五年(1181)正月大廿一日戊辰。熊野山悪僧等。去五日以後乱入伊勢志摩兩國。合戰及度々。至于十九日。浦七箇所皆悉追捕民屋。平家々人爲彼或捨要害之地逃亡。或伏誅又被疵之間。弥乘勝。今日燒拂二見浦人家。攻到于四瀬河邊之處。平氏一族關出羽守信兼相具姪伊藤次已下軍兵。相逢于船江邊防戰。悪僧張本戒光〔字大頭八郎房。〕中信兼之箭。仍衆徒引退于二見浦。搦取下女〔齢三四十者。〕并少童〔十四五者。〕等。以上三十余人令同船。指熊野浦解纜云々。尋此濫觴。南海道者。當時平相國禪門虜掠之地也。而彼山依奉祈關東繁榮。爲亡平氏方人。有此企云々。平相國禪門驕奢之餘。蔑如朝政。忽諸神威。破滅佛法。悩乱人庶。近則放入使者於伊勢國神三郡。〔大神宮御鎭坐。〕充課兵糧米。追捕民烟。天照太神鎭坐以降千百餘歳。未有如此例云々。凡此兩三年。彼禪門及子葉孫枝可敗北之由。都鄙貴賎之間。皆蒙夢想。其旨趣雖難分。其料簡之所覃。只件氏族事也。


治承五年(1181年)正月大の月二十一日、戊辰(つちのえたつ)。熊野山の悪僧と言われている僧兵らが、去る五日以後伊勢国や志摩国に乱入し、合戦に及ぶこと数度になります。そして十九日になって七箇所の海沿いの村で、民間の人々の家を襲いました。

平家(伊勢平氏)に仕えている人達はこのため、ある者は防衛上の砦を捨てて逃げたり、またある者は降参したりしました。悪僧らは傷を負ったものの、勝ちに乗じて今日、二見浦の人家を焼き払いました。

そして四瀬河(固瀬川で五十鈴川支流)の辺りまで攻めて来た時に、平氏の一族である関出羽守信兼が親族の伊藤次以下が引き連れて来た軍兵と、船江(伊勢市船江)の辺りで出会い、防衛戦となりました。悪僧側の張本人である戒光、

俗に大頭八郎房と言われていた者ですが、関出羽守信兼の放った矢にあたりました。そこで僧兵らは二見浦に引き上げ、三、四十歳くらいの下女と、十四、五歳の少年など三十余人を一緒に舟に乗せ、熊野の港を目指して出航したとか云々。

この騒動について原因を考えてみると、南海道周辺はその頃平相国禅門清盛が略奪した土地です。しかし、熊野山は関東が勢力を強めることを祈っており、平家の味方を滅ぼそうと考え、このような挙に出たとか云々。

平相国禅門が権勢に奢るあまり、朝廷が行う政治をないがしろにし、また神の威光をおろそかにするばかりか、仏法を破滅に導き、一般大衆を悩み苦しませている。また最近では伊勢大神宮が祀られている伊勢国の三郡に使者を派遣し、

兵糧米を徴発しました。また民間人を徴集し、生活も奪い取ったのです。このようなことは天照大神がこの国に鎮座されてから千百余年、未だかつて無かったとか云々。大体こゝ二、三年というものは、あの清盛やその一族及び子孫らが戦に負けることを、

都や地方に住む人々は身分に関係なく、皆が夢見ています。その考えていることはそれぞれ違いがありますが、もっぱら平家一族のことです。


治承五年 (1181)正月大廿三日庚午。於武藏國長尾寺。并求明寺等者。以僧長榮。可致沙汰之旨被定下。是源家累代祈願所也。


治承五年(1181年)正月大の月二十三日、庚午(かのえうま)。武蔵国にある長尾寺並びに求明寺、両寺は僧侶の長栄が責任を持って維持するよう決めました。これは源家代々の繁栄を祈願してきた寺です。      (終)

第二巻目次に戻る