養和元年十月小の月


養和元年(1181)十月小三日丙午。頭中將維盛朝臣爲襲東國赴城外云々。


養和元年(1181年)十月小の月三日、丙午(ひのえうま)。頭中将平惟盛朝臣が東国征伐のため、京を出発したとか云々。


養和元年(1181)十月小六日己酉。以走湯山住侶禪睿補鶴岳供僧并大般若經衆。給免田二町〔在鶴岳西谷。〕御下文云々。又以玄信大法師。被加同?。於最勝講衆者。可從長日役之旨被仰云々。
  定補
   若宮長日大般若經供僧?事
    大法師禪養
   右以人。爲大般若經供僧。長日可令勤行之状如件。
     治承五年十月六日
 定補
   若宮長日最勝講供僧?事
    大法師玄信
 右以人。爲最勝講衆。長日之役可令勤仕之状。所仰如件。
   治承五年十月六日


養和元年(1181年)十月小の月六日、己酉(つちのととり)。走湯山、走湯神社に住んでいる僧侶、禅睿を鶴岡八幡宮の社僧並びに、大般若経を読経する僧侶衆の代表に任命しました。そして鶴岳西谷にある二町の田を寄進し、税を免除する旨の指示書を渡したとか云々。

また玄信大法師を同じ役職に加えました。最勝王経を読経する僧侶たちに、終日読経する役に任ずるよう仰せられたとか云々。

      任命する
          鶴岡八幡宮において、終日大般若経を読経すること

           大法師禅養
          右の者を大般若経の代表僧として、終日読経を行うことを命ずること、この書状の通りである。

           治承五年十月六日

      任命する
          鶴岡八幡宮において、終日最勝王経を読経すること

           大法師玄信
          右の者を最勝王の読経する代表者として、終日の読経を命ずること、この書状の通りである。

           治承五年十月六日


養和元年(1181)十月小十二日乙卯。以常陸國橘郷。令奉寄鹿嶋社。是依爲武家護持之神。殊有御信仰 
 奉寄 鹿嶋社御領
  在常陸國橘郷
 右。爲心願成就。所奉寄如件。
   治承五年十月日


養和元年(1181年)十月小の月十二日、乙卯(きのとう)。常陸国の橘郷を鹿島神社に寄進しました。これは同神社が武家の守り神であるので、特に信仰されているからです。

      寄進いたします 鹿島神社の所領として
        常陸国の橘郷

       右、所願成就を祈って寄進すること、この書状の通りです
        治承五年十月日


養和元年(1181)十月小廿日癸亥。昨日。太神宮權祢宜度會光倫。〔号相鹿二郎大夫。〕自本宮參着。是爲致御祈?賜御願書也。今日。武衛對面給。光倫申云。去月十九日。依平家之申行。爲東國歸往祈?。任天慶之例。被奉金鎧於神宮。奉納以前。祭主親隆卿嫡男神祗少副定隆於伊勢國一志驛家頓滅。又件甲可被奉納事。同月十六日於京都有御沙汰。當于其日。本宮正殿棟木。蜂作巣。雀小虫也生子。就是等之恠。勘先蹤。輕 朝憲危國土之凶臣。當此時可敗北之條。兼而無疑者。仰曰。去永暦元年出京之時。有夢想告之後。當宮御事。渇仰之思異于他。所願成弁者。必可寄進新御厨云々。


養和元年(1181年)十月小の月二十日、癸亥(みずのとい)。昨日、伊勢神宮の権禰宜渡会光倫、相鹿次郎大夫と名乗っていますが、伊勢神宮より鎌倉に到着しました。これは頼朝殿が同神宮に祈願書を送ったので、その祈祷を行うためです。

そして今日、頼朝殿が対面されました。光倫はその席で、先月十九日、平家の申し入れによって、東国を調伏出来るよう祈祷しました。天慶(938〜947年)の例、即ち平将門の乱の時に倣って、黄金製の鎧を伊勢神宮に奉納することになったのですが、

奉納する前に主宰者である親隆卿の嫡男、神祇少副定隆が運送途中に伊勢国、一志の駅舎にて急死してしまいました。そこで奉納について同月十六日に京都にて御指示があったのですが、その日に伊勢神宮の本宮正殿の棟木に蜂が巣を作り、

雀が小さな虫のような物を生みました。このような不思議なことについて、過去の例を考えてみれば、朝廷が定めた法規などを軽んじ、国家を危険な状況にしようとする逆臣が今、討滅されようとしていることは疑う余地の無いところだと言いました。

頼朝殿は去る永暦元年(1160年)に流罪になり京都を出る時、夢のお告げがあり、この伊勢神宮を他の神社と異なり、深く信仰してきました。種々の祈願が成就した暁には、必ずや新しい御厨(伊勢神宮用の荘園)を寄進しましょうと、仰せられたとか云々。      (終)

第二巻目次に戻る