養和元年十一月大の月


養和元年(1181)十一月大五日丁丑。足利冠者義兼。源九郎義經。土肥次郎實平。土屋三郎宗遠。和田小太郎義盛等。爲防禦惟盛朝臣。欲行向遠江國之處。佐々木源三秀能申云。件羽林。當時在近江國。下向不知其期。且十郎藏人〔行家〕張軍陣於尾張國。先可相支歟。各雖無楚忽。進發有何事哉云々。仍延引云々。


養和元年(1181年)十一月大の月五日、丁丑(ひのとうし)。足利冠者義兼、源九郎義経、土肥次郎実平、土屋三郎宗遠そして和田小太郎義盛らは、平惟盛朝臣からの襲撃を防禦せんと、遠江の国に向かおうとしていたところ、佐々木源三秀能が言うには、

その平惟盛軍は今現在近江国にあり、何時東国に向かうのかはっきりしない。また十郎蔵人源行家が尾張国に陣を構えているので、まずそちらを応援すべきだろう。今あわてて軍を出発させなくても、特に問題は無いのではと、言ったとか云々。

そこで出発を延期したとか云々。


養和元年(1181)十一月大十一日癸未。加賀竪者參着。是故入道源三位卿〔頼政〕一族也。而彼三品禪門近親埴生弥太郎盛兼。去年宇治合戰以後。蟄居于或所。潜欲參關東之處。九月廿一日。前右大將〔宗盛卿。〕遣勇士擬生虜刻。忽以自殺。号件与力衆。搦取小納言宗綱畢。依爲親昵。同被搜求之間。失度參向云々。


養和元年(1181年)十一月大の月十一日、癸未(みずのとひつじ)。加賀堅者源頼兼が鎌倉に到着しました。この男は故入道源三位頼政卿一族の者です。あの源三位頼政殿の近縁の者でもある埴生弥太郎盛兼は、昨年の宇治における合戦の後、或る場所に隠れていました。

そして関東に向かいたいとひそかに思っていたところ、九月二十一日に前右大将平宗盛卿が軍勢を派遣し生け捕りにしようとした時、すぐに自殺してしまいました。また源三位の軍に加担したと言って、少納言宗綱を生け捕りにしました。

私も彼らと親しくしていましたから、捜索の手が伸びるのではないかと怖くなり、鎌倉に来たのだとか云々。


養和元年(1181)十一月大廿一日癸巳。中宮亮通盛朝臣。左馬頭行盛。自北國歸洛。但馬守經正朝臣逗留若狭國云々。


養和元年(1181年)十一月大の月癸巳(みずのとみ)。中宮亮平通盛朝臣(清盛の弟、教盛の子供)、左馬頭平行盛(重盛の弟、基盛の子供)らは北陸道から京に戻ってきました。但馬守平経正朝臣(清盛の弟、経盛の子供)はまだ若狭国に滞在しているとか云々。


養和元年(1181)十一月大廿九日辛丑。早河庄所領乃貢者。一向所被免除也。依殊御燐愍也。


養和元年(1181年)十一月大の月二十九日、辛丑(かのとうし)。相模国早河庄の年貢については、この先も免除することにしました。これは頼朝殿が乳母、摩々の局のことを大事に考えているからです。      (終)

第二巻目次に戻る