養和元年十二月小の月


養和元年(1181)十二月小七日己酉。御臺所御惱。仍營中上下群集。


養和元年(1181年)十二月小の月七日、己酉(つちのととり)。奥方の政子殿の具合が悪く、鎌倉の陣営内は、身分の上下に変わりなく集まって騒ぎ立てています。


養和元年(1181)十二月小十一日癸丑。師公日惠入滅。日來煩腹中。今夜。則葬于山内邊。武衛御哀傷之余。自令向其荼毘所給。是園城寺律靜房日胤門弟。顯密兼學浄侶也。去五月。尋先師舊好令參向之間。有御歸依云々。


養和元年(1181年)十二月小の月十一日、癸丑(みずのとうし)。頼朝殿の仏教についての師匠である、日恵が亡くなりました。最近腹部の調子が悪かったのです。今夜すぐに山内の辺りに葬りました。頼朝殿は大変悲しまれ、荼毘に付される所まで行かれました。

この僧侶は三井寺、園城寺の律静房日胤の弟子で、顕教、密教ともに優れた精錬潔白な僧侶でした。去る五月に師匠の旧跡を尋ねられ、その後鎌倉に来られていました。そして頼朝殿はこの僧を頼りにしていたとか云々。      (終)

第二巻目次に戻る

第三巻目次へ