太平記 総目次

 

                 2010.11 より

吾妻鏡が中途半端になってしまい、止むを得ず次の時代である足利幕府を題材にした太平記に進むことにした。
太平記の作者、成立時期等は不明ですが、足利幕府に関わりのあった知識人が編纂したのではと、思われます。また次々と追加編纂され、

1370年ごろに現在の形になったと考えられています。
南朝よりに書かれていることから、南朝側の人物の手によるのではと、推測されています。

 

第一巻  序・後醍醐天皇御治世事付武家繁昌事・関所停止事・立后事付三位殿御局事・儲王御事・中宮御産御祈之事付俊基偽篭居事・無礼講事付玄恵文談事・
 頼員回忠事・資朝俊基関東下向事付御告文事
第二巻  南都北嶺行幸事・僧徒六波羅召捕事付為明詠歌事・三人僧徒関東下向事・俊基朝臣再関東下向事・長崎新左衛門尉意見事付阿新殿事・
 俊基被誅事並助光事・天下怪異事・師賢登山事付唐崎浜合戦事・持明院殿御幸六波羅事・主上臨幸依非実事山門変儀事付紀信事
第三巻  主上御夢事付楠事・笠置軍事付陶山小見山夜討事・主上御没落笠置事・赤坂城軍事・桜山自害事
第四巻  笠置囚人死罪流刑事付藤房卿事・八歳宮御歌事・一宮並妙法院二品親王御事・俊明極参内事・中宮御歎事・先帝遷幸事・備後三郎高徳事付呉越軍事・
第五巻  持明院殿御即位事・宣房卿二君奉公事・中堂新常灯消事・相摸入道弄田楽並闘犬事・時政参篭榎嶋事・大塔宮熊野落事
第六巻  民部卿三位局御夢想事・楠出張天王寺事付隅田高橋並宇都宮事・正成天王寺未来記披見事・赤松入道円心賜大塔宮令旨事・関東大勢上洛事・
 赤坂合戦事付人見本間抜懸事
第七巻  吉野城軍事・千剣破城軍事・新田義貞賜綸旨事・赤松蜂起事・河野謀叛事・先帝船上臨幸・船上合戦事
第八巻  摩耶合戦事付酒部瀬河合戦事・三月十二日合戦事・持明院殿行幸六波羅事・禁裡仙洞御修法事付山崎合戦事・山徒寄京都事・四月三日合戦事・
 付妻鹿孫三郎勇力事・主上自令修金輪法給事付千種殿京合戦事・谷堂炎上事
第九巻  足利殿御上洛事・山崎攻事付久我畷合戦事・足利殿打越大江山事・足利殿着御篠村則国人馳参事・高氏被篭願書於篠村八幡宮事・六波羅攻事・
 主上・々皇御沈落事・越後守仲時已下自害事・主上・々皇為五宮被囚給事付資名卿出家事・千葉屋城寄手敗北事
第十巻  千寿王殿被落大蔵谷事・新田義貞謀叛事付天狗催越後勢事・三浦大多和合戦意見事・鎌倉合戦事・赤橋相摸守自害事付本間自害事・
 稲村崎成干潟事・鎌倉兵火事付長崎父子武勇事・大仏貞直並金沢貞将討死事・信忍自害事・塩田父子自害事・塩飽入道自害事・安東入道自害事・

 付漢王陵事・亀寿殿令落信濃事付左近大夫偽落奥州事・長崎高重最期合戦事・高時並一門以下於東勝寺自害事

第十一巻  五大院右衛門宗繁賺相摸太郎事・諸将被進早馬於船上事・書写山行幸事付新田注進事・正成参兵庫事付還幸事・筑紫合戦事・長門探題降参事・
 越前牛原地頭自害事・越中守護自害事付怨霊事・金剛山寄手等被誅事付佐介貞俊事
第十二巻  公家一統政道事・大内裏造営事付聖廟御事・安鎮国家法事付諸大将恩賞事・千種殿並文観僧正奢侈事付解脱上人事・広有射怪鳥事・神泉苑事・
 兵部卿親王流刑事付驪姫事
第十三巻  龍馬進奏事・藤房卿遁世事・北山殿謀叛事・中前代蜂起事・兵部卿宮薨御事付干将莫耶事・足利殿東国下向事付時行滅亡事
第十四巻  新田足利確執奏状事・節度使下向事・矢矧、鷺坂、手超河原闘事・箱根竹下合戦事・官軍引退箱根事・諸国朝敵蜂起事・将軍御進発大渡・
 山崎等合戦事・主上都落事付勅使河原自害事・長年帰洛事付内裏炎上事・将軍入洛事付親光討死事・坂本御皇居並御願書事
第十五巻  園城寺戒壇事・奥州勢著坂本事・三井寺合戦並当寺撞鐘事付俵藤太事・建武二年正月十六日合戦事・正月二十七日合戦事・将軍都落事付薬師丸帰京事・
 大樹摂津国豊嶋河原合戦事・主上自山門還幸事・賀茂神主改補事
第十六巻  将軍筑紫御開事・小弐与菊池合戦事付宗応蔵主事・多々良浜合戦事付高駿河守引例事・西国蜂起官軍進発・新田左中将被責赤松事・
 児嶋三郎熊山挙旗事付船坂合戦事・将軍自筑紫御上洛事付瑞夢事・備中福山合戦事・新田殿被引兵庫事・正成下向兵庫事・兵庫海陸寄手事・

 本間孫四郎遠矢事・経嶋合戦事・正成兄弟討死事・新田殿湊河合戦事・小山田太郎高家刈青麦事・聖主又臨幸山門事・持明院本院潛幸東寺事・
 日本朝敵事・正成首送故郷事

第十七巻  山攻事付日吉神託事・京都両度軍事・山門牒送南都事・隆資卿自八幡被寄事・義貞軍事付長年討死事・江州軍事・自山門還幸事・
 立儲君被著于義貞事付鬼切被進日吉事・義貞北国落事・還幸供奉人々被禁殺事・北国下向勢凍死事・瓜生判官心替事付義鑑房蔵義治事・

 十六騎勢入金崎事・金崎船遊事付白魚入船事・金崎城攻事付野中八郎事

第十八巻  先帝潜幸芳野事・高野与根来不和事・瓜生挙旗事・越前府軍並金崎後攻事・瓜生判官老母事付程嬰杵臼事・金崎城落事・春宮還御事付一宮御息所事・
 比叡山開闢事
第十九巻  光厳院殿重祚御事・本朝将軍補任兄弟無其例事・新田義貞落越前府城事・金崎東宮並将軍宮御隠事・諸国宮方蜂起事・相摸次郎時行勅免事・
 奥州国司顕家卿並新田徳寿丸上洛事・追奥勢跡道々合戦事・青野原軍事付嚢沙背水事
第二十巻  黒丸城初度軍事付足羽度々軍事・ 越後勢越々前事・宸筆勅書被下於義貞事・義貞牒山門同返牒事・八幡炎上事・義貞重黒丸合戦事付平泉寺調伏法事・
 義貞夢想事付諸葛孔明事・義貞馬属強事・義貞自害事・義助重集敗軍事・義貞首懸獄門事付勾当内侍事・奥州下向勢逢難風事・結城入道堕地獄事
第二十一巻  天下時勢粧事・佐渡判官入道流刑事・法勝寺塔炎上事・先帝崩御事・南帝受禅事・任遺勅被成綸旨事付義助攻落黒丸城事・塩冶判官讒死事
第二十二巻  畑六郎左衛門事・義助被参芳野事并隆資卿物語事・作々木信胤成宮方事・義助予州下向事・義助朝臣病死事付鞆軍事・大館左馬助討死事付篠塚勇力事
第二十三巻  大森彦七事・就直義病悩上皇御願書事・土岐頼遠参合御幸致狼籍事付雲客下車事
第二十四巻  朝儀年中行事事・天竜寺建立事・依山門嗷訴公卿僉議事・天竜寺供養事付大仏供養事・三宅、荻野謀叛事付壬生地蔵事
第二十五巻  持明院殿御即位事付仙洞妖怪事・宮方怨霊会六本杉事付医師評定事・藤井寺合戦事・自伊勢進宝剣事付黄粱夢事・住吉合戦事
第二十六巻  正行参吉野事・四条縄手合戦事付上山討死事・楠正行最期事・芳野炎上事・賀名生皇居事・執事兄弟奢侈事・ 上杉畠山讒高家事付廉頗藺相如事・
 妙吉侍者事付秦始皇帝事・直冬西国下向事
第二十七巻  天下妖怪事付清水寺炎上事・田楽事付長講見物事・雲景未来記事・左兵衛督欲誅師直事・御所囲事・右兵衛佐直冬鎮西没落事・左馬頭義詮上洛事・
 直義朝臣隠遁事付玄慧法印末期事・上杉畠山流罪死刑事・大嘗会事
第二十八巻  義詮朝臣御政務事・太宰少弐奉聟直冬事・三角入道謀叛事・直冬朝臣蜂起事付将軍御進発事・錦小路殿落南方事・自持明院殿被成院宣事・
 慧源禅巷南方合体事付漢楚合戦事
第二十九巻  宮方京攻事・将軍上洛事付阿保秋山河原軍事・将軍親子御退失事付井原石窟事・越後守自石見引返事・光明寺合戦事付師直怪異事・小清水合戦事付瑞夢事・
 松岡城周章事・師直師泰出家事付薬師寺遁世事・師冬自害事付諏方五郎事・師直以下被誅事付仁義血気勇者事
第三十巻  将軍御兄弟和睦事付天狗勢汰事・高倉殿京都退去事付殷紂王事・直義追罰宣旨御使事付鴨社鳴動事・薩多山合戦事・慧源禅門逝去事・
 吉野殿与相公羽林御和睦事付住吉松折事・ 相公江州落事・持明院殿吉野遷幸事付梶井宮事
第三十一巻  新田起義兵事・武蔵野合戦事・鎌倉合戦事・笛吹峠軍事・八幡合戦事付官軍夜討事・南帝八幡御退失事
第三十二巻  茨宮御位事・無剣璽御即位無例事付院御所炎上事・山名右衛門佐為敵事付武蔵将監自害事・主上義詮没落事付佐々木秀綱討死事・山名伊豆守時氏京落事・
 直冬与吉野殿合体事付天竺震旦物語事・直冬上洛事付鬼丸鬼切事・神南合戦事
第三十三巻  京軍事・八幡御託宣事・三上皇自芳野御出事・飢人投身事・公家武家栄枯易地事・将軍御逝去事・新待賢門院並梶井宮御隠事・崇徳院御事・菊池合戦事・
 新田左兵衛佐義興自害事
第三十四巻  宰相中将殿賜将軍宣旨事・畠山道誓上洛事・和田楠軍評定事付諸卿分散事・新将軍南方進発事付軍勢狼籍事・紀州竜門山軍事・二度紀伊国軍事付住吉楠折事・
 銀嵩軍事付曹娥精衛事・龍泉寺軍事・平石城軍事付和田夜討事・吉野御廟神霊事付諸国軍勢還京都事
第三十五巻  新将軍帰洛事付擬討仁木義長事・京勢重南方発向事付仁木没落事・南方蜂起事付畠山関東下向事・北野通夜物語事付青砥左衛門事・尾張小河東池田事
第三十六巻  仁木京兆参南方事付大神宮御託宣事・大地震並夏雪事・天王寺造営事付京都御祈祷事・山名伊豆守落美作城事付菊池軍事・秀詮兄弟討死事・
 清氏叛逆事付相摸守子息元服事・頓宮心替事付畠山道誓事
第三十七巻  清氏正儀寄京事・新将軍京落事・南方官軍落都事・持明院新帝自江州還幸事付相州渡四国事・可立大将事付漢楚立義帝事・尾張左衛門佐遁世事・
 身子声聞、一角仙人、志賀寺上人事・畠山入道々誓謀叛事付楊国忠事 
第三十八巻  彗星客星事付湖水乾事・諸国宮方蜂起事付越中軍事・九州探題下向事付李将軍陣中禁女事・菊池大友軍事・畠山兄弟修禅寺城楯篭事付遊佐入道事・
 細川相摸守討死事付西長尾軍事・和田楠与箕浦次郎左衛門軍事・太元軍事
第三十九巻  大内介降参事・山名京兆被参御方事・仁木京兆降参事・芳賀兵衛入道軍事・神木入洛事付洛中変異事・諸大名讒道朝事付道誉大原野花会事・神木御帰座事・
 高麗人来朝事・自太元攻日本事・神功皇后攻新羅給事・光厳院禅定法皇行脚事・法皇御葬礼事
第四十巻  中殿御会事・左馬頭基氏逝去事・南禅寺与三井寺確執事・最勝講之時及闘諍事・将軍薨逝事・細河右馬頭自西国上洛事