5 太平記 巻第五 (その一)


○持明院殿御即位事
元弘二年三月二十二日に、後伏見院第一御子、御年十九にして、天子の位に即せ給ふ。御母は竹内左大臣公衡の御娘、後には広義門院と申し御事也。同年十月二十八日に、河原の御禊あて、十一月十三日に大嘗会を被遂行。関白は鷹司の左大臣冬教公、別当は日野中納言資名卿にてぞをはしける。いつしか当今奉公の人々は、皆一時に望を達して門前市を成し、堂上花の如し。中にも梶井二品親王は、天台座主に成せ給て、大塔・梨本の両門迹を合せて、御管領有しかば、御門徒の大衆群集して、御拝堂の儀式厳重也。加之御室の二品親王法守、仁和寺の御門迹に御移有て、東寺一流の法水を湛へて、北極万歳の聖運を祈り給ふ。是皆後伏見院の御子、今上皇帝の御連枝也。

☆ 持明院統の光厳天皇が即位されたこと

元弘二年(1332年)三月二十二日に、後伏見院の第一皇子が、御年十九歳にして北朝初代の天皇として、即位されました。御母君は竹内左大臣西園寺公衡の娘で寧子と言います。その後、准三后と院号の宣下を受け、広義門院と呼ばれた人です。

同年十月二十八日に鴨川の河原にて禊の儀式があり、十一月十三日には、即位の儀式として大嘗会(新嘗祭)が執り行われました。新政権として、関白は左大臣鷹司冬教公、別当には日野中納言資名卿が就任しました。

光厳天皇に仕えていた人々は、皆一様に望みが達成され、それぞれの邸宅は訪問する人であふれかえり、宮中は花が咲き乱れているようです。そんな中でも、光厳天皇の弟である梶井尊胤法親王は天台座主になり、大塔、梨本の両門跡も兼務されることになりましたから、

比叡山延暦寺の大衆らが集合し、礼拝堂で行われる儀式は厳かなものでした。それだけでなく御室仁和寺の二品法守法親王も門跡に就任され、東寺に脈々と伝えられてきた釈尊以来の仏法を守り続け、天皇家の永遠の存続、繁栄を祈られたのでした。

この人達も全て後伏見院のお子さんであり、光厳天皇のご兄弟です。


○宣房卿二君奉公事
万里小路大納言宣房卿は、元来前朝旧労の寵臣にてをはせし上、子息藤房・季房二人笠置の城にて被生捕て、被処遠流しかば、父の卿も罪科深き人にて有べかりしを、賢才の聞へ有とて、関東以別儀其罪を宥め、当今に可被召仕之由奏し申す。依之日野中納言資明卿を勅使にて、此旨を被仰下ければ、宣房卿勅使に対して被申けるは、「臣雖不肖之身、以多年奉公之労蒙君恩寵、官禄共に進、剰汚政道輔佐之名。「事君之礼、値其有罪、犯厳顔、以道諌諍、三諌不納奉身以退、有匡正之忠無阿順之従、是良臣之節也。若見可諌而不諌、謂之尸位。見可退而不退、謂之懐寵。々々尸位国之奸人也。」と云り。君今不義の行をはして、為武臣被辱給へり。是臣が予依不知処雖不献諌言世人豈其無罪許哉。就中長子二人被処遠流之罪。我已七旬の齢に傾けり。後栄為誰にか期せん。前非何又恥ざらんや。二君の朝に仕て辱を衰老の後に抱かんよりは、伯夷が行を学て飢を首陽の下に忍ばんには不如。」と、涙を流て宣ひければ、資明卿感涙を押へ兼て暫は言をも宣はず。良有て宣ひけるは、「「忠臣不必択主、見仕而可治而已也。」といへり。去ば百里奚は二仕秦穆公永令致覇業、管夷吾翻佐斉桓公、九令朝諸侯。主無以道射鉤之罪、世不皆奈鬻皮之恥といへり。就中武家如此許容の上は、賢息二人の流罪争無赦免御沙汰乎、夫伯夷・叔斉飢て何の益か有し。許由・巣父遁て不足用。抑隠身永断来葉之一跡、与仕朝遠耀前祖之無窮、是非得失有何処乎。与鳥獣同群孔子所不執也。」資明卿理を尽して被責ければ。宣房卿顔色誠に屈伏して、「「以罪棄生、則違古賢夕改之勧、忍垢苟全則犯詩人胡顔之譏」と、魏の曹子建が詩を献ぜし表に書たりしも、理とこそ存ずれ。」とて、遂に参仕の勅答をぞ被申ける。

☆ 万里小路宣房卿が二人の天皇に仕えたこと

万里小路大納言宣房卿は、もともと後醍醐天皇の前政権に仕えた重臣でしたが、子息である藤房、季房の二人が笠置落城の時生け捕られて、遠流の刑罰を受け、本来なら父の宣房卿も重罪に処せられるところでしたが、頭脳明晰の誉れ高く、

関東の幕府政権は特別にその罪を許し、光厳天皇に仕えることが出来るよう、現政権に申し上げました。そこで日野中納言資明卿を使者として、この件を宣房卿に伝えたところ、勅使に対面した宣房卿は、「私のように取るに足らない人間でありながら、

長年にわたり奉公させて頂き、君主から受けたご恩により、官位はもちろん俸禄ともに恵まれ、政治の補佐を行うところに名を連ねるまでになりました。『君主に仕えるということは、君主が間違った行動を起こそうとした時、厳しく道理をもって諌めるべきであり、

三度にわたり諌めてもお聞き入れがなければ、身を退くべきである。何事に対しても正しく行うべく忠義心を持ち、大勢に流れることのないよう行動するのが、忠義心ある臣下の勤めです。もし諌めなければならない時に、これを諌めず放置するのは、

才能もないのに地位にしがみつき、また退くべき時にあたり退かないのを、主君の寵愛を頼って官職に固執しているとも言う。懐寵と言い尸位と言い、これは国家にとって放置できない大悪人である』と、古来より言われています。

今、天皇が不義とも言える行動を起こして、幕府の武臣から辱めを受けられている。これらのことは全て私の知らないところで起こったとは言っても、世間の人達は、お諌めしなかったことに対して、その罪を許してはくれません。

その上、二人の子供も遠流の処罰を受け、自分も今や七十歳になろうとしています。今後のわが身の栄華など望むものではありません。過去の過ちを今になって何故恥じねばならないのでしょうか。二人の天皇にお仕えして恥を老体に受けるよりは、

古代中国の殷王朝時代の伯夷が、首陽山で餓死したように、私も彼にならって、都のどこかで飢えを忍ぶことにしよう」と、涙ながらに話されました。話を聞いた資明卿も感極まり、しばらくは言葉も出ませんでした。

ややあって資明卿は、「『忠臣たる者は主人を選ぶことなく仕えてみて、それから仕え続けるのか、やめるか決めれば良い』とも言います。かつて秦国の百里奚は、主君としては二人目の穆公に仕えて、彼の覇業を助け、また管仲(管夷吾)は最初、

斉国の襄公に仕えましたが逃げ出し、襄公の死後斉国の桓公に仕えて彼を補佐し、周辺の九つの諸侯をその支配下に置きました。以前、管仲が桓公を暗殺しようと待ち伏せし、矢を放ったのですが腰巻の留め具に当り、助かったことがありましたが、

桓公はそのことを一切問うことはしませんでした。また百里奚も一度は楚国に逃亡し、奴隷となっていましたが、その後秦国に羊の皮五枚で買い戻され、穆公に仕えることになりました。しかし、世間の人々は皆、そのようなことにはこだわりませんでした。

ましてや、鎌倉幕府が許可をしている以上、流罪となっている二人の賢明なご子息も、許されることになるかも知れません。伯夷や叔斉のまねをして餓死をしたところで、何になると言われるのですか。許由や巣父(古代中国の伝説上の高潔な人物)のように、

ただ世間から遁れたところで何になるのでしょうか。そもそも我が身を世間から隠して、一族の繁栄を断つのと、朝廷に仕えてご先祖の繁栄を永遠に保つのと、一体どちらが得か損か、よくお考えになってください。鳥や獣と同じ穴に群れをなすことを、

孔子様が勧めた訳ではないでしょう」と、事の道理と損得をもって、説得を続けました。やがて万里小路宣房卿は反論も出来ず、説得に応じて、「『罪ある故に命を捨てることは、昔の賢人が朝に誤りがあれば、夕べに改めればよいと言ったことに反するし、

それなら煩悩を捨てて世を忍ぼうとしても、それはそれで心ある人から、非難を受けることになる』と、魏国の曹子建(曹操の五男)が詩を献上した時、書き記したのも当然なことと思えます」と話し、結局、帝にお仕えする旨の返事をしたのでした。


○中堂新常灯消事
其比都鄙の間に、希代の不思議共多かりけり。山門の根本中堂の内陣へ山鳩一番飛来て、新常灯の油錠の中に飛入て、ふためきける間、灯明忽に消にけり。此山鳩、堂中の闇さに行方に迷ふて、仏壇の上に翅を低て居たりける処に、承塵の方より、其色朱を指たる如くなる鼠狼一つ走り出で、此鳩を二つながら食殺てぞ失にけり。抑此常灯と申は、先帝山門へ臨幸成たりし時、古桓武皇帝の自ら挑させ給し常燈に準へて、御手づから百二十筋の燈心を束ね、銀の御錠に油を入て、自掻立させ給し燈明也。是偏に皇統の無窮を耀さん為の御願、兼ては六趣の群類の暝闇を照す、慧光法燈の明なるに、思食準へて被始置し常燈なれば、未来永劫に至迄消る事なかるべきに、鴿鳩の飛来て打消けるこそ不思議なれ。其を玄獺の食殺しけるも不思議也。

☆ 比叡山根本中堂の新常灯が消えたこと

当時この国では、都や都以外の地を問わず、過去には無かった事象が多く起こっていました。たとえば、比叡山の根本中堂の内陣に、山鳩の一つがいが飛んで来て、新定灯の油壺に飛び込むや暴れ、灯りがたちまち消えてしまいました。

するとこの山鳩は堂内の暗さに飛ぶ方向を失い、仏壇の上で羽を休めていたところ、天井に張った布のあたりから、朱色をしたイタチのような動物が走り出て来ると、この山鳩を二羽とも食い殺して、逃げて行きました。

もともとこの常灯は、先帝後醍醐が比叡山延暦寺に行幸されたとき、その昔、桓武天皇が常夜灯をご自身で灯されたことになぞらえて、後醍醐天皇が百二十本の灯心を束ねて、銀の皿に油を満たして、自ら灯された燈明です。

これは天皇家の永遠の発展を願うと同時に、人々が生活する迷いの世界の暗闇を明るく照らす、仏、菩薩の知恵の輝きとなるよう思われて、灯され置かれた燈明であり、永遠に灯り続けるべきであるのに、山鳩が飛び来たって消してしまったことは、とても不審な出来事です。

またその鳩をイタチのような動物が、食い殺すと言うのも、何とも奇怪な出来事ではあります。


○相摸入道弄田楽並闘犬事
又其比洛中に田楽を弄事昌にして、貴賎挙て是に着せり。相摸入道此事を聞及び、新座・本座の田楽を呼下して、日夜朝暮に弄事無他事。入興の余に、宗との大名達に田楽法師を一人づゝ預て装束を飾らせける間、是は誰がし殿の田楽、彼何がし殿の田楽なんど云て、金銀珠玉を逞し綾羅錦繍を妝れり。宴に臨で一曲を奏すれば、相摸入道を始として一族大名我劣らじと直垂・大口を解で抛出す。是を集て積に山の如し。其弊へ幾千万と云数を不知。或夜一献の有けるに、相摸入道数盃を傾け、酔に和して立て舞事良久し。若輩の興を勧る舞にてもなし。又狂者の言を巧にする戯にも非ず。四十有余の古入道、酔狂の余に舞ふ舞なれば、風情可有共覚ざりける処に、何くより来とも知ぬ、新坐・本座の田楽共十余人、忽然として坐席に列てぞ舞歌ひける。其興甚尋常に越たり。暫有て拍子を替て歌ふ声を聞けば、「天王寺のやようれぼしを見ばや。」とぞ拍子ける。或官女此声を聞て、余の面白さに障子の隙より是を見るに、新坐・本座の田楽共と見へつる者一人も人にては無りけり。或觜勾て鵄の如くなるもあり、或は身に翅在て其形山伏の如くなるもあり。異類異形の媚者共が姿を人に変じたるにてぞ有ける。官女是を見て余りに不思議に覚ければ、人を走らかして城入道にぞ告たりける。入道取物も取敢ず、太刀を執て其酒宴の席に臨む。中門を荒らかに歩ける跫を聞て、化物は掻消様に失せ、相摸入道は前後も不知酔伏たり。燈を挑させて遊宴の座席を見るに、誠に天狗の集りけるよと覚て、踏汚したる畳の上に禽獣の足迹多し。城入道、暫く虚空を睨で立たれ共、敢て眼に遮る者もなし。良久して、相摸入道驚覚て起たれ共、惘然として更に所知なし。後日に南家の儒者刑部少輔仲範、此事を伝聞て、「天下将乱時、妖霊星と云悪星下て災を成すといへり。而も天王寺は是仏法最初の霊地にて、聖徳太子自日本一州の未来記を留給へり。されば彼媚者が天王寺の妖霊星と歌ひけるこそ怪しけれ。如何様天王寺辺より天下の動乱出来て、国家敗亡しぬと覚ゆ。哀国主徳を治め、武家仁を施して消妖謀を被致よかし。」と云けるが、果して思知るゝ世に成にけり。彼仲範実に未然の凶を鑒ける博覧の程こそ難有けれ。相摸入道懸る妖怪にも不驚、益々奇物を愛する事止時なし。

☆ 相模入道北条高時が田楽や闘犬に狂っていたこと

また当時、都では田楽を楽しむことが大流行しており、身分に関係なく夢中になっていました。相模入道北条高時はこの話を聞くと、都の新座、本座の田楽団を鎌倉に呼びつけて、夜昼となくのめり込み、他のことに目は回りませんでした。

あまりに夢中になってしまい、幕府の重鎮たる大名達に、田楽法師を一人づつ預けて、装束を凝らせたりしました。そのため、この法師は誰々の田楽法師だとか、こちらは某殿の田楽だとか噂されるので、田楽法師らが身に着ける衣装を、

金や銀、珠玉で派手に飾ったり、豪華な織物や刺繍で飾り立てました。宴席においては一曲終わると、相模入道を始めとして、一族大名達が我も我もと、着ている直垂や大口袴を脱いで、投げ与えました。実にその量たるや、積み集めれば山のようですし、

その出費は一体幾千万になるか分かりません。またある夜、いつものように宴を催していましたが、相模入道は数杯をあけると、酔いに任せて立ち上がり、舞を舞うことしばし。しかしその舞は、若者達の興味をそそる舞でもなく、

また狂言師が、言葉巧みに舞い踊るものでもありません。ただ四十幾歳かの古入道が、ただ酔いに任せて踊る舞なので、風情も何もあったものではありません。しかし新座、本座の田楽役者ら十余人が、突然どこからか座席に現れて舞い歌いだしました。

その興奮状態は尋常ではありません。しばらくして、曲が変わりその歌を聞いてみると、「天王寺のよろぼしを見ようよ」と、歌っているようです。一人の女官がこの歌声を聞き、あまりにも面白いので、障子の隙間から中をのぞいてみると、

新座、本座の田楽役者のような者は一人も居ません。そこに居たある者は嘴が、かぎのように曲がって、とんびのようであり、また体に羽が生えて山伏のような格好の者もいます。人間以外の化け物か妖怪どもが、人間の姿に身を変えているようです。

びっくりした彼女は一体何なのか訳が分からず、人をやって安達時顕城入道(高時の後見人)に連絡しました。驚いた入道は太刀を身に着けると、とりあえず大慌てで宴席に急ぎました。中門付近を荒々しく走って来る足音を聞くと、化け物どもはいっぺんに姿を消し、

その場には相模入道高時が、前後不覚になって酔いつぶれていました。灯りを近づけて宴席付近を調べてみると、確かに天狗が集まっていたかのように、踏み汚れた畳の上に、鳥や獣のものと思われる足跡が、沢山残っていました。

城入道はしばらく虚空を仰いでいましたが、特に目に止まるものは何もありませんでした。しばらくすると相模入道が驚いたように起きましたが、ただ呆然として何も記憶が無いようです。後になってから、藤原南家の儒者刑部少輔仲範がこの話を伝え聞いて、

「天下がまさに乱世に向かわんとしている時に、妖霊星と言う怪しげな悪星が、天より下ってきて災害を起こすと言う。しかも天王寺は我が国最初の仏教の霊地であり、聖徳太子が日本国の将来について、自ら予言書を書かれた所です。

だからその怪しげな化け物が、天王寺の妖霊星と歌っていたことは、いかにも怪しいことである。これはもしかすると、天王寺あたりから天下の騒乱が起こり、国家が滅亡するという暗示とも考えられる。ここは朝廷は品格ある行いに努め、

また幕府は思いやりのある政治を行って、これら妖怪や化け物の陰謀を退けることが肝心である」と、話されていたのですが、案の定、恐れていた乱世になってしまったのです。このように仲範は、災難を未然に予告出来るほどの広い知恵、知識を他の人達には無いほど持っていました。

しかし、相模入道はこのような不可解な出来事に遭遇しても、特別驚くようなことも無く、ますます珍奇な事物を求め、大事にすることを止めようとはしませんでした。


或時庭前に犬共集て、噛合ひけるを見て、此禅門面白き事に思て、是を愛する事骨髄に入れり。則諸国へ相触て、或は正税・官物に募りて犬を尋、或は権門高家に仰て是を求ける間、国々の守護国司、所々の一族大名、十疋二十疋飼立て、鎌倉へ引進す。是を飼に魚鳥を以てし、是を維ぐに金銀を鏤む。其弊甚多し。輿にのせて路次を過る日は、道を急ぐ行人も馬より下て是に跪き、農を勤る里民も、夫に被取て是を舁、如此賞翫不軽ければ、肉に飽き錦を着たる奇犬、鎌倉中に充満して四五千疋に及べり。月に十二度犬合せの日とて被定しかば、一族大名御内外様の人々、或は堂上に坐を列ね、或庭前に膝を屈して見物す。于時両陣の犬共を、一二百疋充放し合せたりければ、入り違ひ追合て、上に成下に成、噛合声天を響し地を動す。心なき人は是を見て、あら面白や、只戦に雌雄を決するに不異と思ひ、智ある人は是を聞て、あな忌々しや、偏に郊原に尸を争ふに似たりと悲めり。見聞の准ふる処、耳目雖異、其前相皆闘諍死亡の中に存て、浅猿しかりし挙動なり。

またある日、庭に犬どもが集まり噛みつき合いしているのを見て、相模入道はこれは面白いと興味を持ち、犬を戦わせることにのめりこんでしまいました。すぐ諸国に触れを出したり、また租税としてや、租税以外の貢納物として犬を納めさせたり、

あるいは官位の高い家や、格式の高い家に対して、犬を集めるよう指図しましたので、諸国の守護、国司また各所の一族や有力大名らが十匹、二十匹と掻き集め、鎌倉に送りました。これらの犬の餌として、魚や鳥肉を与えたり、犬をつなぐ紐にも金銀をちりばめる有様です。

その弊害たるやいかばかりでしょう。また犬を輿に乗せて道路を進む日は、道を急いでいる人でも、出会えば馬より降りて、犬の乗った輿に対してひざまずき、また田畑で農作業に携わっている農民も、犬の乗る輿を担ぐ仕事に駆り立てられたのです。

このように犬を珍重し大事にし過ぎたので、肉を食べ飽きたり、錦の服を着たような変わった犬が、鎌倉中にあふれ返りその数、四、五千匹にもなりました。その上、月に十二回の犬合わせの日、つまり闘犬の日が定められ、

その日には北条一族や、有力大名の人々が、建物の中に居並び、また庭には他の人達が膝を並べて、この闘犬を見物する有様です。そんな時に両陣営の犬ども一、二百匹を一度に放して戦わせたところ、駆け回り、追い掛け合い、上になったり、下になったりして、

噛み合う鳴き声は天にこだまし、地をも揺るがすほどです。無分別な人はこの様子を見て、これはまた面白いじゃないか、戦で武者が殺し合いをするのと全く一緒だと思い、少し考えを持った人は、これは縁起の悪いことだ、

これでは野戦で殺し合いをするのと違わないと、悲しみました。この様子を見聞きして、感ずることは各々異なっていますが、やがて起こる大乱での戦闘、殺し合いを予感させます。この時期にあたり、相模入道高時のすることは、本当に情けないことばかりです。


○時政参篭榎嶋事
時已に澆季に及で、武家天下の権を執る事、源平両家の間に落て度々に及べり。然ども天道必盈を虧故に、或は一代にして滅び、或は一世をも不待して失ぬ。今相摸入道の一家、天下を保つ事已に九代に及ぶ。此事有故。昔鎌倉草創の始、北条四郎時政榎嶋に参篭して、子孫の繁昌を祈けり。三七日に当りける夜、赤き袴に柳裏の衣着たる女房の、端厳美麗なるが、忽然として時政が前に来て告て曰、「汝が前生は箱根法師也。六十六部の法華経を書冩して、六十六箇国の霊地に奉納したりし善根に依て、再び此土に生る事を得たり。去ば子孫永く日本の主と成て、栄花に可誇。但其挙動違所あらば、七代を不可過。吾所言不審あらば、国々に納し所の霊地を見よ。」と云捨て帰給ふ。其姿をみければ、さしも厳しかりつる女房、忽に伏長二十丈許の大蛇と成て、海中に入にけり。其迹を見に、大なる鱗を三つ落せり。時政所願成就しぬと喜て、則彼鱗を取て、旗の文にぞ押たりける。今の三鱗形の文是也。其後弁才天の御示現に任て、国々の霊地へ人を遣して、法華経奉納の所を見せけるに、俗名の時政を法師の名に替て、奉納筒の上に大法師時政と書たるこそ不思議なれ。されば今相摸入道七代に過て一天下を保けるも、江嶋の弁才天の御利生、又は過去の善因に感じてげる故也。今の高時禅門、已に七代を過、九代に及べり。されば可亡時刻到来して、斯る不思議の振舞をもせられける歟とぞ覚ける。

☆ 北条四郎時政が江ノ島に参篭したこと

今は世の中すでに末世になろうとしていますが、武士で天下の権力を握ってきたのは、常に源平の両家であり、その権力闘争は繰り返されてきました。しかし、満つれば必ず欠けるというのは天の定めであり、平清盛のような者は一代にして滅び去り、

また源頼朝なども親子二代を持ちこたえることなく滅びました。現時点において、相模入道の一家が天下を支配して、すでに九代になります。このような長期政権については理由があります。それは鎌倉幕府草創の頃、北条四郎時政は江ノ島に参篭し、

子孫の繁栄を祈りました。その時二十一日目の夜に、赤い袴を身に着け、柳色(白味のかかった黄緑色)の裏地がついた衣を着た容姿端麗な女性が、突然時政の前に来て、「あなたの前世は箱根権現に仕える法師です。その法師が六十六部の法華経を書写して、

六十六ヶ国の神社仏閣などの霊場に奉納した功徳により、再びこの世に人間として、生を受けることが出来たのです。そのため、子孫は永く日本の支配者として、その栄華に浴することが出来るのです。しかし、もしその行動に間違いがあれば、

七代を保つことは出来ないでしょう。もし私の言うことに疑問があるならば、国々に奉納した霊地を確認してみなさい」と、言い捨てて帰られたのでした。その帰る姿を見ていると、あれほど威厳を感じさせた女性が、たちまちに二十丈もあるかと思えるような大蛇となり、

海中に姿を隠したのでした。その後には大きな鱗が三枚落ちていました。時政は願い事は全てかなったと喜び、その鱗を拾い上げ、旗の下に押し付けました。それが現在の北条家に伝わる三ツ鱗形の紋となりました。その後、時政はその女性、

つまり弁財天のお告げにしたがって、国々の霊地に人を派遣し、法華経の奉納をした所を調査させてみれば、不思議なことに法華経の奉納筒には、俗名である時政を法師の名に変えて、大法師時政(じせい)と書かれていました。

ということは、今相模入道が七代を過ぎて、天下を支配しているのも江ノ島弁才天のご利益か、もしくは過去の善行、善因のおかげなのでしょう。今、北条高時禅門はすでに七代を過ぎ、九代になります。だから、もはや北条家滅亡の時期が迫っているため、

このように理解に苦しむ行動をするのかとも思われます。     (終)

太平記総目次に戻る   次へ→