7 太平記 巻第七 (その一)


○吉野城軍事
元弘三年正月十六日、二階堂出羽入道道蘊、六万余騎の勢にて大塔宮の篭らせ給へる吉野の城へ押寄る。菜摘河の川淀より、城の方を向上たれば、嶺には白旗・赤旗・錦の旗、深山下風に吹なびかされて、雲歟花歟と怪まる。麓には数千の官軍、冑の星を耀かし鎧の袖を連ねて、錦繍をしける地の如し。峯高して道細く、山嶮して苔滑なり。されば幾十万騎の勢にて責る共、輒く落すべしとは見へざりけり。同十八日の卯刻より、両陣互に矢合せして、入替々々責戦。官軍は物馴たる案内者共なれば、斯のつまり彼の難所に走散て、攻合せ開合せ散々に射る。寄手は死生不知の坂東武士なれば、親子打るれ共不顧、主従滅れども不屑、乗越々々責近づく。夜昼七日が間息をも不続相戦に、城中の勢三百余人打れければ、寄手も八百余人打れにけり。況乎矢に当り石に被打、生死の際を不知者は幾千万と云数を不知。血は草芥を染、尸は路径に横はれり。され共城の体少もよわらねば、寄手の兵多くは退屈してぞ見へたりける。爰に此山の案内者とて一方へ被向たりける吉野の執行岩菊丸、己が手の者を呼寄て申けるは、「東条の大将金沢右馬助殿は、既に赤坂の城を責落して金剛山へ被向たりと聞ゆ。当山の事我等案内者たるに依て、一方を承て向ひたる甲斐もなく、責落さで数日を送る事こそ遺恨なれ。倩事の様を按ずるに、此城を大手より責ば、人のみ被打て落す事有難し。推量するに、城の後の山金峯山には峻を憑で、敵さまで勢を置たる事あらじと覚るぞ。物馴たらんずる足軽の兵を百五十人すぐつて歩立になし、夜に紛れて金峯山より忍び入、愛染宝塔の上にて、夜のほの/゛\と明はてん時時の声を揚よ。城の兵鬨音に驚て度を失はん時、大手搦手三方より攻上て城を追落し、宮を生捕奉るべし。」とぞ下知しける。

☆ 吉野城合戦のこと

元弘三年(1333年)正月十六日、二階堂出羽入道道蘊は、六万余騎の軍勢で、大塔宮護良親王が立て篭もっている、吉野の金峰山城へ押し寄せました。菜摘川の淀みから城の方角を見上げると、嶺には白旗、赤旗や錦の旗などが、深山を吹き抜ける風にひらめいて、

雲か花かと見まごうばかりです。麓には宮方の数千の官軍が、兜の星を輝かせ、鎧の袖を並べている有様は、大地を錦の糸で刺繍を施したように見えます。この城の防御力としては、城が高い山の頂上にあり、登る道が狭い上、険しい山肌には、

滑らかな苔が一面に生えていることです。そのため幾十万騎の軍勢で攻めたとしても、そう簡単に攻略出来そうにはありません。正月十八日、卯の刻(午前六時頃)から両軍互いに矢合わせを行い、幕府側は入れ替わり立ち替わり、兵を注ぎ込んで戦いました。

対して官軍は周辺の地理に詳しいので、敵を行き止まりになった場所や、険しい場所におびき寄せ、攻撃を加えたり、緩めたりしながら矢を次々と射掛けました。しかし攻撃側も命知らずの坂東武者ですから、親が討たれようと、子が討たれようとも構うことなく、

また主人が討たれても、家来が討たれようとも顧みることなく、屍を乗り越え乗り越え、攻め寄せて来ます。そのような戦闘が昼夜七日間、息つく暇もなく行われた結果、城内の兵士は三百余人が討たれ、寄せ手側は八百余人が討たれたのです。

そればかりではなく、矢を受けたり、石に当たって生死の淵をさまよっている者は、その数、幾千万なのか分からないくらいです。流れる血は草やそこらのごみまで染め尽くし、死骸は道を埋め尽くしている有様です。このような状況であるにかかわらず、

篭城の兵士らの意気は相変わらず盛んで、反対に寄せ手軍の兵士らは、疲労で嫌気をさしているようでした。この時、幕府軍の道案内者として従軍していた、吉野金峰山寺の執行(上級僧侶)、岩菊丸が自分の配下の者を呼び寄せ、「東条方面の大将、

金沢右馬助殿(大将は阿曾弾正少弼時治のはずだが?)はすでに赤坂城を攻め落とし、金剛山に向かわれたと聞いている。我々は道案内者として、この吉野山方面を受け持ち、攻め寄せたにかかわらず、攻め落とすことが出来ずに数日を過ごしたのは、何とも残念なことである。

何故攻めきれないのか考えると、この城は正面から攻撃すれば、人の損害ばかりを受け、城を落とすことは難しい。そこで想像だが、敵は城の後方金峰山には、その山の険しさに頼って、それほどの人数を配置していないと思える。

だから老練な足軽を百五十人ばかり選抜し、夜陰に紛れて徒歩で金峰山に忍び込み、愛染宝塔の上で夜がほんのりと明けるまで待って、閧の声をあげるのだ。敵の兵らが、閧の声に驚いて慌てふためくところを、大手、搦手軍と一緒に三方から攻め込み、

城を落とした上、大塔宮を生け捕りにするように」と、指示しました。


さらばとて、案内知たる兵百五十人をすぐて、其日の暮程より、金峯山へ廻て、岩を伝ひ谷を上るに、案の如く山の嶮きを憑けるにや、唯こゝかしこの梢に旗許を結付置て可防兵一人もなし。百余人の兵共、思の侭に忍入て、木の下岩の陰に、弓箭を臥て、冑を枕にして、夜の明るをぞ待たりける。あい図の比にも成にければ、大手五万余騎、三方より押寄て責上る。吉野の大衆五百余人、責口におり合て防戦ふ。寄手も城の内も、互に命を不惜、追上せ追下し、火を散してぞ戦たる。卦る処に金峯山より廻りたる、搦手の兵百五十人、愛染宝塔よりをり降て、在々所々に火を懸て、時の声をぞ揚たりける。吉野の大衆前後の敵を防ぎ兼て、或は自腹を掻切て、猛火の中へ走入て死るも有、或は向ふ敵に引組で、指ちがへて共に死るもあり。思々に討死をしける程に、大手の堀一重は、死人に埋りて平地になる。去程に、搦手の兵、思も寄ず勝手の明神の前より押寄て、宮の御坐有ける蔵王堂へ打て懸りける間、大塔宮今は遁れぬ処也。と思食切て、赤地の錦の鎧直垂に、火威の鎧のまだ巳の刻なるを、透間もなくめされ、竜頭の冑の緒をしめ、白檀磨の臑当に、三尺五寸の小長刀を脇に挟み、劣らぬ兵二十余人前後左右に立、敵の靉て引へたる中へ走り懸り、東西を掃ひ、南北へ追廻し、黒煙を立て切て廻らせ給ふに、寄手大勢也。と云へ共、纔の小勢に被切立て、木の葉の風に散が如く、四方の谷へ颯とひく。敵引ば、宮蔵王堂の大庭に並居させ給て、大幕打揚て、最後の御酒宴あり。宮の御鎧に立所の矢七筋、御頬さき二の御うで二箇所つかれさせ給て、血の流るゝ事滝の如し。然れ共立たる矢をも不抜、流るゝ血をも不拭、敷皮の上に立ながら、大盃を三度傾させ給へば、木寺相摸四尺三寸の太刀の鋒に、敵の頚をさし貫て、宮の御前に畏り、「戈■剣戟をふらす事電光の如く也。磐石巌を飛す事春の雨に相同じ。然りとは云へ共、天帝の身には近づかで、修羅かれが為に破らる。」と、はやしを揚て舞たる有様は、漢・楚の鴻門に会せし時、楚の項伯と項荘とが、剣を抜て舞しに、樊■庭に立ながら、帷幕をかゝげて項王を睨し勢も、角やと覚る許也。

そこで地理に詳しく老練な兵士百五十人を選抜し、当日の暮れごろから金峰山の方へ回り、岩を伝い谷を登って行きましたが、予想通り山が険しいことに頼っているのか、あちこちの梢などに旗だけを結わいつけ、防御担当の兵士は一人も配置されていません。

百余人の兵士らは勝手気ままに忍び込み、木の下や岩陰に弓矢を隠し、兜を枕にして横になり、夜の明けるのを待ちました。やがて打ち合わせの時刻になり、大手軍五万余騎が三方より押し寄せ、城に向かって攻め上りました。

吉野金峰山寺の大衆ら五百余人は、敵が攻めかかってきた場所に下りて行き、防戦に努めました。攻撃軍もまた城内の兵士らも、お互い命を惜しむことなく、追い上げては、また追い落とされ、火を散らすばかりの戦いを行いました。

その戦闘の最中に、金峰山より回った搦手の兵士、百五十人が愛染宝塔から降りてくると、あちこちに火をかけ、閧の声をあげました。吉野の僧兵ら前と後ろに敵を迎えては、とても防ぎ切ることは出来ないと、ある者は自分で腹を掻き切り、

猛火の中に走り込んで死んだり、またある者は、向かって来る敵に組み付き、刺し違えて共に死んだりしました。各自が思い思いに、討ち死にを遂げていく内に、大手の堀は死人で埋まり、平地になったほどです。そんな中、搦手の兵士らが、

意外にも勝手明神の前付近から、大塔宮が居られる蔵王堂に押し寄せてきたのです。大塔宮はこうなってはもう逃れることは出来ないと観念し、赤地錦の鎧直垂に、まだ真新しい緋縅の鎧を、一寸の乱れもなく着込み、竜頭の兜(兜の鉢に竜の姿を飾ったもの)の緒を締め、

白檀を磨いた脛当てを着け、三尺五寸の小長刀を脇に挟みました。そして武道に長じた兵二十余人が、宮の前後左右を守り、敵が躊躇して立ち止まっているところに走り込み、東西方向の敵をはらいのけ、また南北に追い回し、黒煙の立つかのように斬り回ったのでした。

寄せ手は大勢とは言えども、宮方の僅かな軍勢に切り立てられ、木の葉が風に散るように、四方の谷に向かってサッと引きました。敵軍が引いたので、宮方の兵士らは蔵王堂の大庭に、宮と共に居並び、大幕を引き上げて最後の酒宴を開きました。

大塔宮の鎧には七本の矢が刺さり、頬と二の腕の二ヶ所に突き傷を受けられ、滝のように血が流れています。しかし、突き刺さった矢を抜こうともされず、流れる血を拭おうともされずに、毛皮の敷物の上に立って、大盃で三杯空けられました。

その時、木寺相模が四尺三寸の太刀に敵将の首を刺し込んで、宮の御前に畏まって、「刀剣を振り回すこと、電光石火の如くにして、大岩巨石を吹き飛ばすこと、春雨と変わらず。とは言いながらも、天帝の身辺に近づくことは出来ずに、修羅の場は彼のために破られた」と、

囃子ながら舞う様子は、古代中国の漢国の劉邦と、楚国の項羽が鴻門で会見した時、劉邦を討つため楚の項荘が抜刀して舞うと、漢の項伯も抜刀したまま舞いました。その時漢の樊カイ(カイ::口偏に會)が庭に突っ立って、垂れ幕などを捲り上げて、

楚国の項羽を睨みつけた気迫も、今のこの状態と同じだったろうと思えます。


大手の合戦事急也。と覚て、敵御方の時の声相交りて聞へけるが、げにも其戦に自ら相当る事多かりけりと見へて、村上彦四郎義光鎧に立処の矢十六筋、枯野に残る冬草の、風に臥たる如くに折懸て、宮の御前に参て申けるは、「大手の一の木戸、云甲斐なく責破られつる間、二の木戸に支て数刻相戦ひ候つる処に、御所中の御酒宴の声、冷く聞へ候つるに付て参て候。敵既にかさに取上て、御方気の疲れ候ぬれば、此城にて功を立ん事、今は叶はじと覚へ候。未敵の勢を余所へ回し候はぬ前に、一方より打破て、一歩落て可有御覧と存候。但迹に残り留て戦ふ兵なくば、御所の落させ給ふ者也。と心得て、敵何く迄もつゞきて追懸進せつと覚候へば、恐ある事にて候へ共、めされて候錦の御鎧直垂と、御物具とを下給て、御諱の字を犯して敵を欺き、御命に代り進せ候はん。」と申ければ、宮、「争でかさる事あるべき、死なば一所にてこそ兎も角もならめ。」と仰られけるを、義光言ばを荒らかにして、「かゝる浅猿き御事や候。漢の高祖■陽に囲れし時、紀信高祖の真似をして楚を欺かんと乞しをば、高祖是を許し給ひ候はずや。是程に云甲斐なき御所存にて、天下の大事を思食立ける事こそうたてけれ。はや其御物具を脱せ給ひ候へ。」と申て、御鎧の上帯をとき奉れば、宮げにもとや思食けん、御物の具・鎧直垂まで脱替させ給ひて、「我若生たらば、汝が後生を訪べし。共に敵の手にかゝらば、冥途までも同じ岐に伴ふべし。」と被仰て、御涙を流させ給ひながら、勝手の明神の御前を南へ向て落させ給へば、義光は二の木戸の高櫓に上り、遥に見送り奉て、宮の御後影の幽に隔らせ給ぬるを見て、今はかうと思ひければ、櫓のさまの板を切落して、身をあらはにして、大音声を揚て名乗けるは、「天照太神御子孫、神武天王より九十五代の帝、後醍醐天皇第二の皇子一品兵部卿親王尊仁、逆臣の為に亡され、恨を泉下に報ぜん為に、只今自害する有様見置て、汝等が武運忽に尽て、腹をきらんずる時の手本にせよ。」と云侭に、鎧を脱で櫓より下へ投落し、錦の鎧直垂の袴許に、練貫の二小袖を押膚脱で、白く清げなる膚に刀をつき立て、左の脇より右のそば腹まで一文字に掻切て、腸掴で櫓の板になげつけ、太刀を口にくわへて、うつ伏に成てぞ臥たりける。

大手方面の合戦が激しさを増してきたらしく、敵や味方の上げる閧の声が、混ざり合って聞こえてきます。その合戦に自ら加わることが多かったらしく、村上彦四郎義光の鎧には突き刺さった矢が十六本もあり、その矢はまるで枯野に残った冬草が、

風に吹かれて折れたように見えます。彼は大塔宮の御前に来ると、「大手の一の木戸が情けなくも攻め破られ、二の木戸にて防御すべく、数時間を激しく戦っていたところ、御所の中から酒宴の声が冷ややかに聞こえ、不審に思いやってきました。

敵はすでに勝ちに乗じて攻撃を続け、反対に味方は気力体力共に失せて、この城を守りきることはもはや不可能だと考えます。そこで、まだ敵軍が攻め込んでいない場所の、どこか一ヶ所から敵の来る前に落ち延びてください。だけど、後に残って戦う兵がいなければ、

敵は宮が落ちられたと考え、何処までも追撃をやめないと思います。そこで畏れ多いとは思いますが、今お召しになっている錦の鎧直垂と、甲冑一式を下賜していただき、宮を名乗って敵を欺き、宮の身代わりとなりましょう」と、申し上げました。

宮が、「どうしてそんなことを言うのだ。どうあろうと死ぬ時は一緒だ」と、仰せられると、義光は声を荒げて、「情けないことをおっしゃらないでください。漢の高祖がケイ陽で敵の楚国軍に包囲された時、紀信が高祖の振りをして、楚国を欺こうと願い出た時、

高祖はこの願いを許されたではないですか。宮がこんなに情けないお考えで、天下の重大事を思い立たれたのかと思えば、嘆かわしい限りです。さぁ早く着けておられる甲冑など、お脱ぎになってください」と申し上げ、宮の鎧の上帯をほどかれると、宮もやっと納得され、

甲冑から鎧直垂まで着替え、「もし私が命を永らえたら、汝の後生を弔ってやろう。そしてまた共に敵の手にかかれば、その時は冥土まで同じ道を歩もうぞ」と仰せられ、お涙を流されながら、勝手明神社の前を、南に向かって落ちて行かれました。

村上義光は二の木戸の高櫓に登り、宮を遥か遠くまで見送られ、後姿が見えなくなったのを機に、今となれば、こうするほかないだろうと、櫓の板壁を切り落として、身体を敵にさらすと大声で、「天照大神の子孫、神武天皇より九十五代の帝、後醍醐天皇第二皇子、

大塔宮護良親王(原帖の尊仁親王は間違いでは?)は、ここに逆臣のため殺害され、あの世で恨みを晴らさんがために、今ここに自害をする。この様子を良く見ておき、汝らの武運が思いがけなく尽きてしまい、腹を切らねばならなくなった時の手本にするが良い」と、言うや鎧を脱ぎ捨てて、

櫓から下へ投げ落とし、錦の鎧直垂の袴だけの姿になり、平織りの小袖(肌着)をもろ肌脱ぎになると、白くきれいな肌に刀を突き立て、左の脇腹から右の横腹まで一文字に掻き切り、腸をつかんで櫓に投げつけた後、太刀を口に含んで、うつぶせに倒れこみました。


大手・搦手の寄手是を見て、「すはや大塔宮の御自害あるは。我先に御頚を給らん。」とて、四方の囲を解て一所に集る。其間に宮は差違へて、天の河へぞ落させ給ける。南より廻りける吉野の執行が勢五百余騎、多年の案内者なれば、道を要りかさに廻りて、打留め奉んと取篭る。村上彦四郎義光が子息兵衛蔵人義隆は、父が自害しつる時、共に腹を切んと、二の木戸の櫓の下まで馳来りたりけるを、父大に諌て、「父子の義はさる事なれ共、且く生て宮の御先途を見はて進せよ。」と、庭訓を残しければ、力なく且くの命を延て、宮の御供にぞ候ける。落行道の軍、事既に急にして、打死せずば、宮落得させ給はじと覚ければ、義隆只一人蹈留りて、追てかゝる敵の馬の諸膝薙では切すへ、平頚切ては刎落させ、九折なる細道に、五百余騎の敵を相受て、半時許ぞ支たる。義隆、節、石の如く也。といへ共、其身金鉄ならざれば、敵の取巻て射ける矢に、義隆既に十余箇所の疵を被てけり。死ぬるまでも猶敵の手にかゝらじとや思けん、小竹の一村有ける中へ走入て、腹掻切て死にけり。村上父子が敵を防ぎ、討死しける其間に、宮は虎口に死を御遁有て、高野山へぞ落させ給ける。出羽入道々蘊は、村上が宮の御学をして、腹を切たりつるを真実と心得て、其頚を取て京都へ上せ、六波羅の実検にさらすに、ありもあらぬ者の頚也。と申ける。獄門にかくるまでもなくて、九原の苔に埋れにけり。道蘊は吉野の城を攻落したるは、専一の忠戦なれ共、大塔宮を打漏し奉りぬれば、猶安からず思て、軈て高野山へ押寄、大塔に陣を取て、宮の御在所を尋求けれ共、一山の衆徒皆心を合て宮を隠し奉りければ、数日の粉骨甲斐もなくて、千剣破の城へぞ向ひける。

大手、搦手から攻め込んできた寄せ手の兵士らは、この様子を見て、「うわぁ、大塔宮が御自害されたぞ、我こそ御首を頂戴しなければ」と、四方の包囲を崩して一ヶ所に集まりました。兵らの動きの隙をついて、宮は天の河方面に落ちられたのでした。

南の方から回ってきた吉野金峰山寺の執行(上級僧侶)、岩菊丸の軍勢五百余騎は、長年慣れ親しんだ吉野周辺の地理に詳しいので、途中の道で待ち伏せするため回り込み、宮ら一行を討ち取ろうと取囲みました。村上彦四郎義光の子息、兵衛蔵人義隆は父が自害した時、

一緒に腹を切ろうとして、二の木戸の櫓まで駆けつけてきたのを父は、「父子としての義はそれでも良いだろうが、ここは生き永らえて、宮の行く先を見守ってほしい」と、自害は絶対に思い止まるべきことと、これから先の方針も言い残したので、

やむを得ず思いとどまって宮のお供をしました。しかし落ち延びて行く途中、敵と遭遇し、その戦闘も苦戦の連続で、ここで自分が犠牲になり、討ち死にを覚悟しなければ、とても宮を無事に落とすことは出来ないと思いました。そこで義隆はただ一人で居残り、

追いかけてくる敵の馬の両足をなで切ったり、馬の首を切りつけ敵を馬から落としたりして、曲がりくねった狭い道で、五百余騎の敵を一人で相手し、小一時間ほど持ちこたえました。義隆の忠義の心は石の如くだと言っても、彼とて金鉄であるまいし、

生身の人間であれば、敵が取り巻いて射掛ける矢のため、すでに義隆は十余ヶ所に傷を負っていました。同じ死ぬにしても、敵の手にかかることだけは避けようと、小さい竹の群生した場所に走り込み、腹を掻き切って自害しました。このように村上父子が敵と防御戦を行い、

討ち死にする間に、大塔宮は絶体絶命の窮地から死を逃れられ、高野山に落ち延びられたのでした。幕府軍の大将、二階堂出羽入道道蘊は、村上彦四郎義光が宮に成りすまして、腹を切ったことを見破ることが出来ず、その首を切って京都に上らせ、

六波羅の首実検にかけたところ、宮の首ではなく、似ても似つかぬ者の首だと言われました。その首は獄門に架けられることもなく、墓地の苔に埋もれてしまいました。道蘊が吉野の城を攻め落としたことは、それなりの忠義心あふれる戦功ではありますが、

大塔宮護良親王を討ち漏らしたことは、やはり安心出来ず、すぐに高野山に押し寄せると、根本大塔に陣を構えて、宮の行方を捜査しました。しかし高野山の衆徒らは皆団結して、宮を匿い通したので、数日の懸命な捜索の甲斐なく、楠木の立て篭もる千剣破の城(ちはやの城::千早城)に向かいました。


○千剣破城軍事
千剣破城の寄手は、前の勢八十万騎に、又赤坂の勢吉野の勢馳加て、百万騎に余りければ、城の四方二三里が間は、見物相撲の場の如く打囲で、尺寸の地をも余さず充満たり。旌旗の風に翻て靡く気色は、秋の野の尾花が末よりも繁く、剣戟の日に映じて耀ける有様は、暁の霜の枯草に布るが如く也。大軍の近づく処には、山勢是が為に動き、時の声の震ふ中には、坤軸須臾に摧けたり。此勢にも恐ずして、纔に千人に足ぬ小勢にて、誰を憑み何を待共なきに、城中にこらへて防ぎ戦ける楠が心の程こそ不敵なれ。此城東西は谷深く切て人の上るべき様もなし。南北は金剛山につゞきて而も峯絶たり。されども高さ二町許にて、廻り一里に足ぬ小城なれば、何程の事か有べき〔と〕、寄手是を見侮て、初一両日の程は向ひ陣をも取ず、責支度をも用意せず、我先にと城の木戸口の辺までかづきつれてぞ上たりける。城中の者共少しもさはがず、静まり帰て、高櫓の上より大石を投かけ/\、楯の板を微塵に打砕て、漂ふ処を差つめ/\射ける間、四方の坂よりころび落、落重て手を負、死をいたす者、一日が中に五六千人に及べり。長崎四郎左衛門尉、軍奉行にて有ければ、手負死人の実検をしけるに、執筆十二人、夜昼三日が間筆をも置ず注せり。さてこそ、「今より後は、大将の御許なくして、合戦したらんずる輩をば却て罪科に行るべし。」と触られければ、軍勢暫軍を止て、先己が陣々をぞ構へける。

☆ 千剣破城の合戦のこと

楠木正成が立て篭もる金剛山千剣破(ちはや::千早)城への攻撃軍は、当初の軍勢八十万騎に加えて、赤坂攻撃軍や吉野攻撃の軍勢も駆けつけその数、百万騎を超えます。そのため、城の二、三里四方は相撲の見物席と変わらず、僅かな土地も残すことなく、

人で満ち溢れています。軍旗が風に翻り、たなびく様子は、秋の野に広がる尾花の穂より多いように見えますし、武器の刃物が太陽に反射して輝く有様は、枯れ草に降りた霜が、暁の太陽に光り輝いているようです。また大軍が近づいて来る様子は、山も共に動くように見え、

閧の声が大地を揺るがせば、大地を突き抜ける地軸も、瞬時に砕けるばかりです。この大軍に恐れをなすこともなく、僅か千人にも満たない軍勢で、誰かを頼りにしたり、何かを期待する訳でもなく、城中で辛抱強く防御戦を戦い続ける楠木正成の心情は、

まことに不敵としか言いようがありません。この千剣破城は東西方向の谷が深く切れ込んでいて、人が上ることは出来そうにありません。また南北方向は金剛山に続いており、しかもその峰たるや人を拒むかと思えるばかりです。とは言っても、山の高さは二町ばかりであり、

その周囲も一里にも満たない小さな城なので、たいしたことはないだろうと寄せ手軍は軽く考え、最初の二日ほどは、敵軍の前に前進基地を構えることもせず、その上攻撃の準備もそこそこに、我先に城の木戸口のあたりまで、楯を頼りに上って行きました。

城内の兵士らはこれに少しも驚くことなく、静まり返っていましたが、突然高櫓の上から大石を次々と投げ落とし、敵の楯を木っ端微塵に打ち砕き、ひるんだところを矢継ぎ早に射掛けたので、四方の坂を転がり落ち、その上にまた転がり落ちたので、

負傷する者や、死にいたる者が日に五、六千人にもなりました。長崎悪四郎高貞左衛門尉は軍奉行(戦争の総合責任者)として、負傷者や死者の事実関係を調査しました。そしてその調査には、十二人の記録員が昼夜三日にわたり、筆を置くこともなく記入を続けたほどです。

そんなことがあってから、「今後は大将の許可なく合戦を行う者は、罪を問うことになる」と、触れを出したので、寄せ手軍は暫く休戦状態になり、まず自分らの戦陣を構えることになりました。


爰に赤坂の大将金沢右馬助、大仏奥州に向て宣ひけるは、「前日赤坂を攻落しつる事、全く士卒の高名に非ず。城中の構を推し出して、水を留て候しに依て、敵程なく降参仕候き。是を以て此城を見候に、是程纔なる山の巓に用水有べし共覚候はず。又あげ水なんどをよその山より懸べき便も候はぬに、城中に水卓散に有げに見ゆるは、如何様東の山の麓に流たる渓水を、夜々汲歟と覚て候。あはれ宗徒の人々一両人に仰付られて、此水を汲せぬ様に御計候へかし。」と被申ければ、両大将、「此義可然覚候。」とて、名越越前守を大将として其勢三千余騎を指分て、水の辺に陣を取せ、城より人をり下りぬべき道々に、逆木を引てぞ待懸ける。楠は元来勇気智謀相兼たる者なりければ、此城を拵へける始用水の便をみるに、五所の秘水とて、峯通る山伏の秘して汲水此峯に有て、滴る事一夜に五斛許也。此水いかなる旱にもひる事なければ、如形人の口中を濡さん事相違あるまじけれ共、合戦の最中は或は火矢を消さん為、又喉の乾く事繁ければ、此水許にては不足なるべしとて、大なる木を以て、水舟を二三百打せて、水を湛置たり。又数百箇所作り双べたる役所の軒に継樋を懸て、雨ふれば、霤を少しも余さず、舟にうけ入れ、舟の底に赤土を沈めて、水の性を損ぜぬ様にぞ被拵たりける。此水を以て、縦ひ五六十日雨不降ともこらへつべし。其中に又などかは雨降事無らんと、了簡しける智慮の程こそ浅からね。されば城よりは強に此谷水を汲んともせざりけるを、水ふせぎける兵共、夜毎に機をつめて、今や/\と待懸けるが、始の程こそ有けれ、後には次第々々に心懈り、機緩て、此水をば汲ざりけるぞとて、用心の体少し無沙汰にぞ成にける。

そのような状況の時、この赤坂攻撃軍の大将、金沢右馬助(阿曾弾正少弼が大将では?)が大仏前陸奥守貞直に向かって、「先日赤坂城を攻略し落としたのは、何も兵士らの殊勲でもありません。城内への水の補給に疑問を持ち、水路を構築した場所を予測し破壊した結果、

水の補給が止まったため、敵はしばらくして降参しました。その事実を踏まえてこの城を見てみると、これほど小さな山の頂に、そんなに水があるとも思えないし、他の山から水を引いているような構造物も、見当たりません。それにもかかわらず、

城内に水が豊富にあるように見えるのは、きっと東の山の麓を流れている谷川の水を、毎晩毎夜汲んでは運び込んでいるのに違いないと思います。そこで気のきいた武将二人に命じて、この水を汲ませないような手段を講じるのが良いでしょう」と、申し上げました。

二人の大将は相談の上、「よし、その方針で行くのが良いだろう」と、名越越前守を大将の命じた上、三千余騎の軍勢を与え、水辺に陣を構え、城から人が下りて来ると思われる道々には、逆茂木を作って待ち構えました。楠木正成はもともと勇猛で、

しかも知恵謀略共に長じた人物ですから、この城を構築する際に、必要な水を確保する方法を考えていた時、五所の秘水と言って、修行のため、この山を行き来する山伏たちが、密かに汲む水がこの峰に存在し、しかも一夜に五石ほども湧き出ることを知りました。

しかもこの水は、どんなに日照りが続いても、干上がることがないので、篭城する兵士らの飲料水としては、十分だと思われますが、合戦ともなれば火矢を消す必要もあり、また兵士らも喉を渇かすことも多くなり、この水だけでは不足するかもしれないと、

大きな木をくりぬいて、水を貯める舟を二、三百ほど作って、水を貯めていました。そのほか数百ヶ所ほど建造した詰所には、雨どいを軒に取り付けてそれをつなぎ、雨が降れば雨水を残さず舟に受け、しかもその舟の底には赤土を沈めて、水の腐敗を防止しました。

これらの水さえあれば、たとえ五、六十日間雨が降らなくても、持ちこたえることは出来るでしょう。その内には雨も降るだろうと考えて、注意に注意を重ねた準備はさすがです。そのような訳で、城から谷までわざわざ水を汲みに来ることもないのに、

名越越前守配下の兵士らは、毎夜毎夜緊張の中で、今や遅しと待ち受けていました。最初の頃こそ気も張っていましたが、だんだんと気が緩みだすと共に、敵はこの水を汲むことはないのだろうと思い始め、それに従って周辺に対する警戒も緩んできました。


楠是を見すまして、究竟の射手をそろへて二三百人夜に紛て城よりをろし、まだ篠目の明けはてぬ霞隠れより押寄せ、水辺に攻て居たる者共、二十余人切伏て、透間もなく切て懸りける間、名越越前守こらへ兼て、本の陣へぞ引れける。寄手数万の軍勢是を見て、渡り合せんとひしめけ共、谷を隔て尾を隔たる道なれば、輒く馳合する兵もなし。兎角しける其間に、捨置たる旗・大幕なんど取持せて、楠が勢、閑に城中へぞ引入ける。其翌日城の大手に三本唐笠の紋書たる旗と、同き文の幕とを引て、「是こそ皆名越殿より給て候つる御旗にて候へ、御文付て候間他人の為には無用に候。御中の人々是へ御入候て、被召候へかし。」と云て、同音にどつと笑ければ、天下の武士共是を見て、「あはれ名越殿の不覚や。」と、口々に云ぬ者こそ無りけれ。名越一家の人々此事を聞て、安からぬ事に被思ければ、「当手の軍勢共一人も不残、城の木戸を枕にして、討死をせよ。」とぞ被下知ける。依之彼手の兵五千余人、思切て討共射共用ず、乗越々々城の逆木一重引破て、切岸の下迄ぞ攻たりける。され共岸高して切立たれば、矢長に思へ共のぼり得ず、唯徒に城を睨、忿を押へて息つぎ居たり。此時城の中より、切岸の上に横へて置たる大木十計切て落し懸たりける間、将碁倒をする如く、寄手四五百人圧に被討て死にけり。是にちがはんとしどろに成て騒ぐ処を、十方の櫓より指落し、思様に射ける間、五千余人の兵共残すくなに討れて、其日の軍は果にけり。誠志の程は猛けれ共、唯し出したる事もなくて、若干討れにければ、「あはれ恥の上の損哉。」と、諸人の口遊は猶不止。

楠木正成はこの機を逃さず、選りすぐった腕の良い射手二、三百人を、夜の闇に紛れて城から下ろし、まだ夜の明けきらない時、朝もやに身を隠して押し寄せました。水辺で警戒していた兵ら二十余人を斬り伏せ、休む間もなく斬りかかっていったので、

名越越前守は持ちこたえることが出来ず、元の陣まで退却しました。寄せ手の数万の軍勢はこれを見て、反撃しようとしましたが、谷を隔てている上、山裾の道も遠く、救援に駆け付ける兵士もいませんでした。その混乱の中、捨て置いた旗や、大幕などを奪って、

楠木勢は整然と城内に引き上げました。そして翌日、城の正面に三本唐笠の紋が描かれた旗と、同じ紋の付いた幕を広げて並べ、「これらの物は皆、名越殿から頂いた御旗ですぞ。ところが、御紋が入っているので、他の者には役に立ちません。

そちらの陣の方々、こちらに来られて、お持ちになってください」と言うや、声を揃えてドッと笑いました。見ていた幕府軍の武士らは、「なんともはや名越殿は不名誉なことをなされたものだ」と、皆が言いました。名越家の人々はこの事を聞いて、

非常に情けなく思い、「当家の軍勢どもは一人残さず、城の木戸を枕に討ち死にせよ」と、命じました。そこで名越の総勢五千余人が、決死の覚悟で討たれようとも、射られようとも関係なく、仲間の死骸を乗り越え乗り越え攻め込み、城の逆茂木の一段目を破壊して、

城の崖下まで攻め込みました。しかし崖は高く切り立っているので、くやしいけれど登ることが出来ず、ただなすすべもなく、城を睨みつけるばかりで、怒りを抑えて荒れた息を休めていました。その時、篭城している兵らが、崖の上に横たえて繋ぎとめてある大木、

十本ほどを切って落としたので、寄せ手の兵士らは将棋倒しになり、四、五百人ほどが圧死しました。転がり落ちてくる大木を避けようと、慌てふためき騒いでいるところに、四方八方の櫓から、狙い定めて矢を射かけられ、五千余人の兵士らは、残り少なくなるまで討たれて、

その日の戦闘は終わったのです。確かに気概だけは勇猛でしたが、何ら結果を出すことも出来ずに、多くの戦死者を出したので、「なんとまあ、恥の上塗りをしただけの損害だ」と、人々の悪口は止むことがありませんでした。


尋常ならぬ合戦の体を見て、寄手も侮りにくゝや思けん、今は始の様に、勇進で攻んとする者も無りけり。長崎四郎左衛門尉此有様を見て、「此城を力責にする事は、人の討るゝ計にて、其功成難し。唯取巻て食責にせよ。」と下知して、軍を被止ければ、徒然に皆堪兼て、花の下の連歌し共を呼下し、一万句の連歌をぞ始たりける。其初日の発句をば長崎九郎左衛門師宗、さき懸てかつ色みせよ山桜としたりけるを、脇の句、工藤二郎右衛門尉嵐や花のかたきなるらんとぞ付たりける。誠に両句ともに、詞の縁巧にして句の体は優なれども、御方をば花になし、敵を嵐に喩へければ、禁忌也。ける表事哉と後にぞ思ひ知れける。大将の下知に随て、軍勢皆軍を止ければ、慰む方や無りけん、或は碁・双六を打て日を過し、或は百服茶・褒貶の歌合なんどを翫で夜を明す。是にこそ城中の兵は中々被悩たる心地して、心を遣方も無りける。少し程経て後、正成、「いでさらば、又寄手たばかりて居眠さまさん。」とて、芥を以て人長に人形を二三十作て、甲冑をきせ兵杖を持せて、夜中に城の麓に立置き、前に畳楯をつき双べ、其後ろにすぐりたる兵五百人を交へて、夜のほの/゛\と明ける霞の下より、同時に時をどつと作る。四方の寄手時の声を聞て、「すはや城の中より打出たるは、是こそ敵の運の尽る処の死狂よ。」とて我先にとぞ攻合せける。城の兵兼て巧たる事なれば、矢軍ちとする様にして大勢相近づけて、人形許を木がくれに残し置て、兵は皆次第々々に城の上へ引上る。寄手人形を実の兵ぞと心得て、是を打んと相集る。正成所存の如く敵をたばかり寄せて、大石を四五十、一度にばつと発す。一所に集りたる敵三百余人、矢庭に被討殺、半死半生の者五百余人に及り。軍はてゝ是を見れば、哀大剛の者哉と覚て、一足も引ざりつる兵、皆人にはあらで藁にて作れる人形也。是を討んと相集て、石に打れ矢に当て死せるも高名ならず、又是を危て進得ざりつるも臆病の程顕れて云甲斐なし。唯兎にも角にも万人の物笑ひとぞ成にける。是より後は弥合戦を止ける間、諸国の軍勢唯徒に城を守り上て居たる計にて、するわざ一も無りけり。爰に何なる者か読たりけん、一首の古歌を翻案して、大将の陣の前にぞ立たりける。余所にのみ見てやゝみなん葛城のたかまの山の峯の楠軍も無てそゞろに向ひ居たるつれ/゛\に、諸大将の陣々に、江口・神崎の傾城共を呼寄て、様々の遊をぞせられける。名越遠江入道と同兵庫助とは伯叔甥にて御座けるが、共に一方の大将にて、責口近く陣を取り、役所を双てぞ御座ける。或時遊君の前にて双六を打れけるが、賽の目を論じて聊の詞の違ひけるにや、伯叔甥二人突違てぞ死れける。両人の郎従共、何の意趣もなきに、差違へ差違へ、片時が間に死る者二百余人に及べり。城の中より是を見て、「十善の君に敵をし奉る天罰に依て、自滅する人々の有様見よ。」とぞ咲ける。誠に是直事に非ず。天魔波旬の所行歟と覚て、浅猿かりし珍事也。

尋常では考えられないような合戦の状況を見ると、さすがに寄せ手軍は軽く考える事も出来ず、当初のように、勇敢に攻めようとする者もいなくなりました。大将の長崎四郎左衛門尉はこの状況を見て、「この城を力攻めで落とそうとすれば、兵士の損害ばかり多くて、

落とすことは難しいだろう。ここはただ包囲だけして、兵糧攻めにせよ」と命じ、戦闘を中断しましたから、今度は兵士らがすることがなくなりました。そこで退屈しのぎに土地の連歌愛好者を呼んで、一万句の連歌会を始めました。そして連歌会初日の発句を長崎九郎左衛門師宗が、

      さき懸て かつ色みせよ 山桜
と詠み、脇の句を工藤二郎右衛門尉が、

      嵐や花の かたきなるらん

と、付けました。確かに、この二つの句は詩語の使い方が巧みであり、句としての体裁も優れていますが、味方を花に喩え、敵を嵐に喩えるのは、花が嵐に蹴散らかされることであり、縁起の良くないことだと、後になって思い知らされることとなりました。

大将の命令に従って戦闘を中止したので、持て余した時間を何とかしなければなりません。ある者は碁や双六をして日を過ごし、またある者は茶の飲み分け勝負や、出来を争う歌会を楽しんで夜を明かしました。今度は篭城中の兵士らが、することが無くなって退屈し出し、

気持ちが落ち着かなくなりました。数日して楠木正成は、「ではまた、この辺で寄せ手を騙して、眠りを覚ましてやろうじゃないか」と、ごみ芥で等身大の人形を二、三十体作り、甲冑を着せ武器を持たせて、夜中に城の麓に立てて置きました。

そして、その人形の前に、畳の楯を並べた上、背後に選りすぐりの兵を五百人配置し、夜がほのぼのと明け初める頃、朝霞の中から、声を合わせて閧の声をドッと上げました。取り囲んでいる寄せ手は閧の声を聞き、「それっ、城から出てきたぞ。これこそ敵は運が尽きて、

やけくそになったのだ」と、我先に攻撃にかかりました。篭城の兵士らは、前もって立てた作戦通り、矢いくさをする振りをして、大勢の敵をおびき寄せると、人形だけを木陰に残して、兵士らは徐々に城の上に退きました。寄せ手軍は人形を本当の兵士と考え、

討ち取ろうと集まってきました。正成は考え通り、敵を騙し寄せた所に大石、四、五十個を一度にバッと投げ落としました。ひとところに集まっていた敵兵三百余人は、突然討ち殺され、半死半生の者も五百余人にのぼりました。戦闘が終わってから見れば、

一歩も退かずに戦った、勇敢な兵士だと見えたのは、実は皆人間ではなくて、藁で作った人形だったのです。これを討とうとして集まって、石をぶつけられて死んだり、矢にあたって死んだことは、何も殊勲と言えるものでもなく、また危険を察知して攻め寄せないのも、

臆病だと言われるだけで、不甲斐ないことです。ただどちらにしても、皆の物笑いになっただけです。その後はますます合戦を控えるようになり、諸国から召集した幕府の軍勢は、ただ敵の城を見上げているだけで、何をする訳でもありません。

そんな時、誰が詠んだのか、一首の古歌を読みかえて、大将の陣営の前に立てかけました。
      余所(よそ)にのみ 見てや止みなん 葛城の たかま(高間)の山の 峯の楠    (元歌 新古今::よそにのみ 見てややみなん 葛城や 高間の山の 峰の白雲)

軍も中断したままで、することもなく駐留している退屈しのぎに、諸大名の各陣営では、江口、神崎などの遊郭から遊女を呼び寄せ、色々な遊びをしていました。名越遠江入道と同じく兵庫助とは叔父、甥の関係ですが、お互い一方の大将であり、

攻撃陣地近くに陣営を構え、並んで建造した詰め所にいました。ある時、遊君の前で双六をしていましたが、サイコロの目について揉めだし、一寸した言葉の行き違いで叔父、甥の二人は激昂し、挙句に刺し違えて二人とも死んでしまいました。

二人の家来たちは何の恨みも無いのに、互いに太刀を振り回して戦った結果、あっという間に二百余人が死亡したのでした。篭城中の兵士らはこの喧嘩を見て、「天皇に敵対などしたため天罰を受け、自滅する人々の馬鹿げた姿を見よ」と、笑ったのでした。

こんな事態はとてもまともとは思えないので、天魔波旬(欲界最上位の第六天にいる天魔の名)のなす業と考えられ、嘆かわしいだけの出来事でした。


同三月四日関東より飛脚到来して、「軍を止て徒に日を送る事不可然。」と被下知ければ、宗との大将達評定有て、御方の向ひ陣と敵の城との際に、高く切立たる堀に橋を渡して、城へ打て入んとぞ巧まれける。為之京都より番匠を五百余人召下し、五六八九寸の材木を集て、広さ一丈五尺、長さ二十丈余に梯をぞ作らせける。梯既に作り出しければ、大縄を二三千筋付て、車木を以て巻立て、城の切岸の上へぞ倒し懸たりける。魯般が雲の梯も角やと覚て巧也。軈て早りおの兵共五六千人、橋の上を渡り、我先にと前だり。あはや此城只今打落されぬと見へたる処に、楠兼て用意やしたりけん、投松明のさきに火を付て、橋の上に薪を積るが如くに投集て、水弾を以て油を滝の流るゝ様に懸たりける間、火橋桁に燃付て、渓風炎を吹布たり。憖に渡り懸りたる兵共、前へ進んとすれば、猛火盛に燃て身を焦す、帰んとすれば後陣の大勢前の難儀をも不云支たり。そばへ飛をりんとすれば、谷深く巌そびへて肝冷し、如何せんと身を揉で押あふ程に、橋桁中より燃折て、谷底へどうど落ければ、数千の兵同時に猛の中へ落重て、一人も不残焼死にけり。其有様偏に八大地獄の罪人の刀山剣樹につらぬかれ、猛火鉄湯に身を焦す覧も、角やと被思知たり。去程に吉野・戸津河・宇多・内郡の野伏共、大塔宮の命を含で、相集る事七千余人、此の峯彼〔の〕谷に立隠て、千剣破寄手共の往来の路を差塞ぐ。依之諸国の兵の兵粮忽に尽て、人馬共に疲れければ、転漕に怺兼て百騎・二百騎引て帰る処を、案内者の野伏共、所々のつまり/゛\に待受て、討留ける間、日々夜々に討るゝ者数を知ず。希有にして命計を助かる者は、馬・物具を捨、衣裳を剥取れて裸なれば、或は破たる蓑を身に纏て、膚計を隠し、或は草の葉を腰に巻て、恥をあらはせる落人共、毎日に引も切らず十方へ逃散る。前代未聞の恥辱也。されば日本国の武士共の重代したる物具・太刀・刀は、皆此時に至て失にけり。名越遠江入道、同兵庫助二人は、無詮口論して共に死給ぬ。其外の軍勢共、親は討るれば子は髻を切てうせ、主疵を被れば、郎従助て引帰す間、始は八十万騎と聞へしか共、今は纔に十万余騎に成にけり。

元弘三年(1333年)三月四日、関東の幕府から命令書が着き、それには、「軍をすることも無く、ただいたずらに日を過ごしているとはどう言うことだ。可及的速やかに攻略せよ」と、命令してきました。そこで攻城軍の主たる大将らは会議し、

味方の前進基地と、敵の城との間にある、高く切り立った堀に橋を渡して、城に討ち入ろうと計画しました。この計画を実行するため、京都から建築職人を五百余人呼びつけ、五、六寸や八、九寸の材木を集め、広さ一丈五尺、長さ二十丈余もある橋を作らせました。

やがて橋が出来上がったので、橋に太く長い縄を二、三千本結わい付け、滑車のような物を用いて橋を巻き上げ、城の崖の上に倒して橋を架けました。中国の春秋時代、魯国の匠で魯般と言う名工が作った雲の橋も、このような物であったろうと思われるぐらい、立派に出来ました。

すぐに血気盛んな兵士ら五、六千人が、我先に橋を渡って駆け込みました。とうとうこの城も間もなく落ちるのかと見えた時、楠木正成は前もって用意していたのか、投げつけ用の松明の先に火をつけて、橋の上に薪を積み上げるように投げ落とし、水鉄砲のような物で、

油を火に滝が流れるような勢いで掛けました。やがて火は橋に燃え移り、谷風にあおられて巨大な炎になりました。途中まで渡っていた兵士らは、前に行こうとすれば、燃え盛る火に我が身をさらすことになり、引き返そうとしても後から進んでくる軍勢が、先陣の状況が分からないため、

通そうともしません。やむなく橋から外へ飛び降りようとしても、谷は深い上、岩が聳え立ち、身がすくんでしまいます。どうすれば良いのか皆が押し合い、へし合いしている内に、燃えていた橋が中ほどから折れたため、数千の兵士は燃えている橋諸共、谷底にドーンと重なるように落ちてしまい、

一人残らず焼け死んだのでした。その悲惨な状況は、たとえば熱気で苦しめられる八大地獄で、罪人が刀山剣樹(地獄にあると言う刀剣を植えた山や、枝、花などすべて剣で出来た地獄の樹木)に貫かれたり、激しい火や鉄をも溶かす熱湯に、身を焦がされる様と、変わらないのではと思われます。

やがて吉野、十津川、宇多(宇陀郡)、内郡の野武士ら七千余人が、大塔宮護良親王の命を受けて集結し、あちらの峰、こちらの谷に潜んで、千剣破(千早)城を攻撃している幕府軍の退路を遮断しました。このため諸国から集まっていた、兵士らの食料が忽ち乏しくなり、

人馬共に飢えて兵糧の調達に耐えかね、百騎、二百騎と引き帰す所を、土地の地理に詳しい野武士らが、山道の狭くなったり、行き止まりなどに待ち受けては、討ち取っていきますから、毎日毎夜、討たれる者は一体何人になるのでしょう。

まれには命だけ助かった人もいましたが、その人らは馬や甲冑など捨てた上、衣装も剥ぎ取られて裸になり、ある者は破れた蓑で、身を包んで肌だけは隠したり、またある者は草の葉を腰に巻きつけ、恥辱に耐えていました。そのような落人らが、

毎日途切れることなく、四方八方に散り散りになって、逃げたのでした。これは前代未聞の恥辱です。そんな訳で、日本国の武士らが、代々引き継いできた甲冑や、太刀、脇差など、この時に失ったのでした。名越遠江入道、同じく兵庫助の二人は、つまらないことで口論になり、

二人とも死んでしまいました。その外の軍勢どもも、親が討たれたと言って、子は髷を切って姿を隠したり、主人が負傷したからと、家来は主人と共に引き返したりして、当初八十万騎と聞いていましたが、今は僅か十万余騎になってしまいました。      (終)

太平記総目次に戻る   次へ→