16 太平記 巻第十六 (その二)


○将軍自筑紫御上洛事付瑞夢事
多々良浜の合戦の後、筑紫九国の勢一人として将軍に不順靡云者無りけり。然共中国に敵陣充満して道を塞ぎ、東国王化に順て、御方に通ずる者少なかりければ、左右なく京都へ責上らん事は、如何有べからんと、此春の敗北にこり懼て、諸卒敢て進む義勢無りける処に、赤松入道が三男則祐律師、並に得平因播守秀光、播磨より筑紫へ馳参て申けるは、「京都より下されたる敵軍、備中・備前・播磨・美作に充満して候といへ共、是皆城々を責かねて、気疲れ粮尽たる時節にて候間、将軍こそ大勢にて御上洛候へとだに承及候はゞ、一たまりも怺じと存候。若御進発延引候て、白旗の城責落されなば、自余の城一日も怺候まじ。四箇国の要害、皆敵の城に成て候はんずる後は、何百万騎の勢にても、御上洛叶まじく候。是則趙王が秦の兵に囲れて、楚の項羽舟筏を沈め、釜甑を焼て、戦負けば、士卒一人も生て返らじとせし戦にて候はずや。天下の成功只此一挙に可有にて候者を。」と詞を残さで申ければ、将軍是を聞給て、「げにも此義さもありと覚るぞ。さらば夜を日に継で、上洛を急ぐべし。但九州を混ら打捨ては叶まじ。」とて、仁木四郎次郎義長を大将として、大友・小弐両人を留置き、四月二十六日に太宰府を打立て、同二十八日に順風に纜解て、五月一日安芸の厳嶋へ舟を寄られて、三日参篭し給ふ。其結願の日、三宝院の僧正賢俊京より下て、持明院殿より被成ける院宣をぞ奉ける。将軍是を拝覧し給て、「函蓋相応して心中の所願已に叶へり。向後の合戦に於ては、不勝云事有べからず。」とぞ悦給ける。去四月六日に、法皇は持明院殿にて崩御なりしかば、後伏見院とぞ申ける。彼崩御已前に下し院宣なり。将軍は厳島の奉弊事終て、同五日厳嶋を立給へば、伊予・讚岐・安芸・周防・長門の勢五百余艘にて馳参る。同七日備後・備中・出雲・石見・伯耆の勢六千余騎にて馳参る。其外国々の軍勢不招に集り、不責に順ひ著事、只吹風の草木を靡すに異ならず。新田左中将の勢已に備中・備前・播磨・美作に充満して、国々の城を責る由聞へければ、鞆の浦より左馬頭直義を大将にて、二十万騎を差分て、徒路を上せられ、将軍は一族四十余人、高家一党五十余人、上杉の一類三十余人、外様の大名百六十頭、兵船七千五百余艘を漕双て、海上をぞ上られける。同五日備後の鞆を立給ひける時一の不思議あり。将軍の屋形の中に少目眠給たりける夢に、南方より光明赫奕たる観世音菩薩一尊飛来りまし/\て、船の舳に立給へば、眷属の二十八部衆、各弓箭兵杖を帯して擁護し奉る体にぞ見給ける。将軍夢覚て見給へば、山鳩一つ船の屋形の上にあり。彼此偏に円通大士の擁護の威を加へて、勝軍の義を可得夢想の告也と思召ければ、杉原を三帖短冊の広さに切せて、自観世音菩薩を書せ給て、舟の帆柱毎にぞ推させられける。角て舟路の勢、已に備前の吹上に著けば、歩路の勢は、備中の草壁の庄にぞ著にける。

☆ 尊氏将軍が筑紫からの上洛を決められたことと、縁起の良い夢をみられたこと

多々良浜の合戦後、筑紫九ヶ国の武将らは誰一人として、将軍の配下にならないと言う者などいません。とは言っても、中国地方には敵の軍勢が溢れかえり、街道を閉鎖していますし、東国では朝廷の命令に従っており、尊氏軍に味方をする武将も少なく、やみくもに京都へ攻め上ることは慎重になり、

またこの春、兵庫での合戦に負けたことも影響し、諸武将らは無理に兵を進める意欲も失せていました。そんな時、赤松入道の三男、則祐律師と得平因幡守秀光の二人が、播磨より筑紫に駆けつけてきて、「京都より下されてきた敵軍は、備中、備前、播磨、美作周辺に充満していますが、

それぞれが敵軍の攻城に苦労しており、精神的にも参っている上、兵糧も底をついているので、今この時機に将軍が大軍を率いて御上洛されるとでも聞けば、ひとたまりもなく支えきれないと考えられます。反対に御上洛が遅れるようなことがあれば、白旗の城は落とされることとなり、

その他の城々も一日としてこらえられないでしょう。四ヶ国の要害が全て敵の支配下になれば、その後は何百万騎の軍勢を率いても、御上洛は不可能になるでしょう。すなわち、趙王が逃げ込んだ鉅鹿(ぎょろく)城を秦国の兵が取り囲んだ時、救援に向かった楚国の項羽は黄河を渡ってから、

その舟を沈め、なお炊事用の鍋、釜等も焼き捨て、もしこの合戦に負けるようなことがあれば、将官も兵士も一人残らず生きて帰られないと覚悟を決めて、決戦に臨んだことと同様な状況ではございませんか。天下の趨勢を決定付けるのは、

ただこの挙兵にかかっているものを」と、言葉を尽くして申し上げました。話を聞いていた将軍は、「確かに言う通りだと思う。そうなれば、夜を日に継いで上洛を急ごう。とは言っても、このまま九州を無防備にしてはおけない」と言い、仁木四郎次郎義長を大将として、大友、少弐の二人を九州に留め置き、

建武三年(1336年)四月二十六日、大宰府を出発しました。同じく二十八日に順風を受けて纜を解き、五月一日には安芸国の厳島に舟を寄せて、三日間の参篭を遂げられました。そして結願の日に、醍醐寺三宝院の僧正賢俊が京より下ってきて、持明院殿より下された院宣をもたらされたのです。

尊氏将軍は院宣をご覧になって、「官民の願望はここに一致して、私の深く期する念願はすでに叶ったも同然である。今後の合戦において、決して負けることはないであろう」と、喜ばれたのでした。去る建武三年(1336年)四月六日、法皇は持明院殿において崩御され、

後伏見院と称されるようになりました。尊氏に下された院宣は崩御される前、すでに下されていた院宣です。尊氏将軍は厳島における神事一切を終えて、五月五日に厳島をご出発されると、伊予、讃岐、安芸、周防、長門などの軍勢が、五百余艘の舟に乗って集まってきました。

また五月七日には、備後、備中、出雲、石見、伯耆らの軍勢、六千余騎が駆けつけてきました。そのほか、諸国の軍勢が特に呼びつけた訳でもないのに集まってくるし、攻撃を受けた訳でもないのに、将軍の傘下に入ってくる者など、ただ風に吹かれて靡く草木のようなものです。

その頃新田左中将の率いる軍勢は、すでに備中、備前、播磨、美作に溢れかえり、周辺の国々の城を攻撃していると情報がもたらされると、尊氏将軍は鞆の浦より、左馬頭直義を大将に二十万余騎を与えて陸路を進ませ、将軍は一族の者四十余人、高家の一党五十余人、上杉の一族三十余人、

その他外様の大名百六十人を率い、兵船七千五百余艘を海上を並べて漕ぎ進み、都に向かいました。同じく五日備後国、鞆の浦を出発される時、不思議な出来事がありました。それは将軍が乗り込んだ船中で、少しばかりまどろんだ時の夢の中で、南の方角より光り輝く観世音菩薩が飛来され、

船の舳先にお立ちになられました。そして観音を守護する眷属二十八部衆が、それぞれ弓矢など武器を携えて、観世音菩薩をお守りしているように見えたのです。将軍は夢から覚めて周辺をご覧になると、山鳩一羽が船の屋形の上にとまっていました。

尊氏将軍はこれはきっと我らのこれからの戦いには、観世音菩薩のご加護を受けて、この合戦に正義を与えてくれ、勝利を得ることのお告げと思われる。そこで杉原紙三帖を短冊の広さに切り、自ら観世音菩薩の絵を描き、舟の帆柱ごとに掲示しました。

このようにして海路を進む軍勢は、早くも備前国の吹上(倉敷市)に到着すると、同じく陸路を進む軍勢は、備中国の草壁の庄(岡山県矢掛町)に到着したのでした。


○備中福山合戦事
福山に楯篭る処の官軍共、此由を聞て、「此城未拵るに不及、彼に付此に付、大敵を支へん事は、可叶共覚へず。」と申けるを、大江田式部大輔、且く思案して宣ひけるは、「合戦の習、勝負は時の運に依といへども、御方の小勢を以て、敵の大勢に闘はんに、不負云事は、千に一も有べからず。乍去国を越て足利殿の上洛を支んとて、向ひたる者が、大勢の寄ればとて、聞逃には如何すべき。よしや只一業所感の者共が、此所にて皆可死果報にてこそ有らめ。軽死重名者をこそ人とは申せ。誰々も爰にて討死して、名を子孫に残さんと被思定候へ。」と諌められければ、紀伊常陸・合田以下は、「申にや及候。」と領状して討死を一篇に思儲てければ、中々心中涼くぞ覚へける。去程に、明れば五月十五日の宵より、左馬頭直義三十万騎の勢にて、勢山を打越へ、福山の麓四五里が間、数百箇所を陣に取て、篝を焼てぞ居たりける。此勢を見ては、如何なる鬼神ともいへ、今夜落ぬ事はよも非じと覚けるに、城の篝も不焼止、猶怺たりと見へければ、夜已に明て後、先備前・備中の勢共、三千余騎にて押寄せ、浅原峠よりぞ懸たりける。是迄も城中鳴を静めて音もせず。「さればこそ落たりと覚るぞ。時の声を挙て敵の有無も知れ。」とて、三千余騎の兵共、楯の板を敲き、時を作る事三声、近付て上んとする処に、城中の東西の木戸口に、大鼓を打て時の声をぞ合せたりける。外所に磬たる寄手の大勢是を聞て、「源氏の大将の篭りたらんずる城の、小勢なればとて、聞落にはよもせじと思つるが、果して未怺たりけるぞ。侮て手合の軍し損ずな。四方を取巻て同時に責よ。」とて国々の勢一方々々を請取て、谷々峯々より攻上りける。

☆ 備中福山で行われた合戦のこと

福山に立て篭もっている官軍らは、直義、尊氏の軍勢が備前、備中まで進出してきた情報を得て、「福山のこの城はまだまだ充分な補強が出来ておらず、ここかしこに弱点があって、とても大敵を支えることなど出来ないでしょう」と申し上げるのを、

大江田式部大輔がよく考えてから、「合戦の習いであれば勝敗は時の運によるとは言えども、味方の小勢で、敵の大軍との戦闘になれば、千に一つの勝ち目もないだろう。とは言えども、この国まで侵攻して、足利殿の上洛を阻止せんと来た者が、敵の大軍が攻めてくると知って、

退却するなんてことがあってはならない。たとえどうなろうとも、ただ一つの目的を持って来た者であれば、ここで全員、討ち死にしようとも、それはそれで幸運なこととも言える。ここは死を恐れず、名を惜しんでこそ人と言われるのではないか。誰もが皆、ここで討ち死にを遂げて、

名を子孫に残すことのみ思い定めることだ」と、諌められました。聞いていた紀伊常陸や、合田以下の人達は、「言われるまでもないことだ」と了解し、討ち死にの覚悟を決めたので、その心中や表情など穏やかに見えました。そして明けた五月十五日の宵頃から、左馬頭直義が三十万騎の軍勢を率いて、

勢山を越え福山の麓、四、五里の間の数百ヶ所に陣を構え、篝火を燃やして駐屯しました。この大軍を見れば、如何なる鬼神と言えども、今夜の内に落城必死と思えるのですが、城内では篝火を燃やすこともなく、相変わらず落ち着いているようなので、夜も明けきってから、

まず備前と備中の軍勢が三千余騎で押し寄せ、浅原峠(倉敷市)方向から攻撃に移りました。ここに至っても城内は鳴りをひそめ、物音一つしません。「この様子では城内の者どもは皆、落ちて行ったと思われる。閧の声を挙げて、敵の有無をも確認しよう」と、三千余騎の兵士らが楯の板を叩き、

閧の声を三度挙げ、近づいて城に登ろうとした時、城内の東西にある木戸口付近で、太鼓を打ち鳴らし、閧の声が挙がったのです。ここかしこにたたずんでいた寄せ手の軍勢らは、この声を聞き、「源氏の大将らの立て篭もっている城が小勢だからと言って、大軍の攻め寄せる話を聞いて、

まさか逃げ落ちるなどありえないと思っていたが、やはりまだまだ抵抗を続けるようだ。敵を小勢だと侮って、下手に戦を仕掛けるものではないぞ。まず四方を取り囲んで、全員が一度に攻めることだ」と作戦を決め、国々の軍勢それぞれに了解を取り付けて、全軍は谷々峰々から攻め上りました。


城中の者共は、兼てより思儲たる事なれば、雲霞の勢に囲まれぬれ共少も不騒、此彼の木隠に立隠れて、矢種を不惜散々に射ける間、寄手稲麻の如に立双びたれば、浮矢は一も無りけり。敵に矢種を尽させんと、寄手は態射ざりければ、城の勢は未だ一人も不手負。大江田式部大輔是を見給て、「さのみ精力の尽ぬさきに、いざや打出て、左馬頭が陣一散し懸散さん。」とて、城中には徒立なる兵五百余人を留て、馬強なる兵千余騎引率し、木戸を開かせ、逆木を引のけて、北の尾の殊に嶮き方より喚てぞ懸出られける。一方の寄手二万余騎是に被懸落、谷底に馬を馳こみ、いやが上に重り臥臥す。式部大輔是をば打捨、「東のはなれ尾に二引両の旗の見るは、左馬頭にてぞ有らん。」とて、二万余騎磬へたる勢の中へ破て入り、時移るまでぞ闘れける。「是も左馬頭にては無りける。」とて、大勢の中を颯と懸抜て御方の勢を見給へば、五百余騎討れて纔に四百騎に成にけり。爰にて城の方を遥に観れば、敵早入替りぬと見へて櫓・掻楯に火を懸たり。式部大輔其兵を一処に集めて、「今日の合戦今は是迄ぞ、いざや一方打破て備前へ帰り、播磨・三石の勢と一にならん。」とて、板倉の橋を東へ向て落給へば、敵二千騎・三千騎、此彼に道を塞で打留んとす。四百余騎の者共も、遁ぬ処ぞと思ひ切たる事なれば、近付敵の中へ破て入り、懸散し、板倉川の辺より唐皮迄、十余度までこそ闘ひけれ。され共兵もさのみ討れず、大将も無恙りければ、虎口の難を遁て、五月十八日の早旦に、三石の宿にぞ落著ける。左馬頭直義は、福山の敵を追落して、事始よしと悦給事不斜。其日一日唐皮の宿に逗留有て、頚の実験有けるに、生捕・討死の頚千三百五十三と註せり。当国の吉備津宮に参詣の志をはしけれ共、合戦の最中なれば、触穢の憚有とて、只願書許を被篭て、翌の日唐皮を立給へば、将軍も舟を出されて、順風に帆をぞあげられける。

城内の者たちは前もって覚悟を決めていたことなので、雲霞のような大軍に取り囲まれても、少しも騒ぐこともなく、ここかしこの木陰に身を隠し、惜しむことなく矢を激しく射込みました。寄せ手軍は幾重にもなって立っている状況なので、無駄な矢は一つもありません。

しかし敵の矢種を射尽くさせようと、寄せ手側はわざと矢を射ることはしなかったので、城に篭る兵士らは未だに誰一人として傷を負っていません。大江田式部大輔はこの状況を見て、「あまり戦闘意欲の衰えない内に、ここから押し寄せ、左馬頭の陣営一つに狙いを付け、

蹴散らかしてやろう」と言って、城内には徒歩立ちの兵士ら五百余人を残し、屈強な馬や兵士、千余騎を率いて木戸を開けさせると、逆茂木を引き抜き、北側の特別険しい場所から、大声を上げて駆け出たのです。一方寄せ手の二万余騎はこの急襲に蹴落とされ、谷底に馬を駆け入れることとなり、

その結果次々と折り重なって倒れました。式部大輔はこれを無視し、「東の方、山裾に二匹両(足利の紋)の旗が見えるが、左馬頭に違いない」と言って、二万余騎のいる敵勢の中に飛び込み、二時間ばかりを戦いました。しかし、「ここは左馬頭の陣営ではないようだ」と言って、

敵の大軍を駆け抜けてから味方の軍勢を見ると、五百余騎が討たれて、僅か四百騎になっていました。その時式部大輔が遥かに城を見てみれば、敵軍が早くも城内に入ったのか、櫓や防御用に設置した楯などに火をかけていました。式部大輔は残った兵士らを一ヶ所に集め、「今日の合戦はここまでだ。

さぁこれから敵の一方を打ち破って備前に帰り、播磨や三石の軍勢と合流しよう」と言って、板倉の橋から東に向かって落ちて行こうとすると、敵は二千騎とか三千騎であちこちの道を閉鎖し、討ち取ろうとしました。四百余騎の兵士らも、もう逃れられないと覚悟を決め、

近づく敵の中に駈け入り、蹴散らしながら板倉川のあたりから辛川まで、十余回に及ぶ戦闘を繰り返しました。しかしそれ程兵士らは討ち取られることもなく、大将も無事にこの危険な状況から逃れて、五月十八日の早朝、三石の宿に落ち延びたのでした。左馬頭直義は福山の敵勢を追い落とし、

幸先良しと大変喜びました。そしてその日一日は辛川の宿に逗留し、首実検を行った結果、生け捕りや討ち死にした首は、千三百五十三と記載されました。左馬頭直義は備前国の吉備津宮に参詣したいとは思いましたが、合戦の最中でもあり、身の穢れに遠慮して願文だけを納め、

翌日辛川を出発されると、尊氏将軍も舟を出され順風の中、出帆しました。


五月十八日晩景に、脇屋右衛門佐三石より使者を以て、新田左中将の方へ立て、福山の合戦の次第、委細に註進せられければ、其使者軈て馳返て、「白旗・三石・菩提寺の城未責落ざる処に、尊氏・直義大勢にて舟路と陸路とより上ると云に、若陸の敵を支ん為に、当国にて相待ば、舟路の敵差違て帝都を侵さん事疑なし。只速に西国の合戦を打捨て、摂津国辺まで引退、水陸の敵を一処に待請、帝都を後に当て、合戦を致すべく候。急其よりも山の里辺へ出合れ候へ。美作へも此旨を申遣し候つる也。」とぞ、被仰たりける。依之五月十八日の夜半許に、官軍皆三石を打捨て、舟坂をぞ引れける。城中の勢共、是に機を得て、舟坂山に出合ひ、道を塞で散々に射る。宵の間の月、山に隠れて、前後さだかに見へぬ事なれば、親討れ子討るれども、只一足も前へこそ行延んとしける処に、菊池が若党に、原源五・源六とて、名を得たる大剛の者有りけるが、態と迹に引さがりて、御方の勢を落さんと、防矢を射たりける。矢種皆射尽ければ、打物の鞘をはづして、「傍輩共あらば返せ。」とぞ呼ける。菊池が若党共是を聞て、遥に落延たりける者共、「某此に有。」と名乗懸て返合せける間、城よりをり合せける敵共、さすがに近付得ずして、只余所の峯々に立渡て時の声をぞ作りける。其間に数万の官軍共、一人も討るゝ事なくして、大江田式部大輔、其夜の曙には山の里へ著にけり。和田備後守範長・子息三郎高徳、佐々木の一党が舟よりあがる由を聞て、是を防がん為に、西川尻に陣を取て居たりけるが、福山已に落されぬと聞へければ、三石の勢と成合んが為に、九日の夜に入て、三石へぞ馳著ける。爰にて人に尋れば、「脇屋殿は早宵に播磨へ引せ給ひて候也。」と申ける間、さては舟坂をば通り得じとて、先日搦手の廻りたりし三石の南の山路を、たどるたどる終夜越て、さごしの浦へぞ出たりける。夜未深かりければ、此侭少しの逗留もなくて打て通らば、新田殿には安く追著奉るべかりけるを、子息高徳が先の軍に負たりける疵、未愈けるが、馬に振れけるに依て、目昏く肝消して、馬にもたまらざりける間、さごしの辺に相知たる僧の有けるを尋出して、預置ける程に、時刻押遷りければ、五月の短夜明にけり。

さて建武三年(1336年)五月十八日夕方、脇屋右衛門佐義助は三石から使者を立てて、新田左中将義貞に福山の合戦の状況を詳しく報告されました。使者はすぐに駆け戻ってくると、「白旗、三石また菩提寺の城々がいまだに攻め落とすことが出来ない内に、

尊氏や直義が大軍を率いて海路、陸路を攻め上って来ているという時に、もし陸路の敵を食い止めようとここで待機などしていると、海路を進む敵は隙を狙って都に進攻すること間違いない。ここは速やかに西国での合戦は中断し、摂津国あたりまで兵を退き、水陸を進む敵を一ヶ所で待ち受け、

都を後ろにして合戦を行うことが肝要だろう。急いでそこを撤退し、山の里辺りで合流しよう。この旨、美作にも申し伝えておいた」と、仰せられたと報告しました。この命によって、五月十八日の夜半に官軍は全員三石を放棄し、船坂に引き上げました。

この状況に三石城の赤松勢は好機到来とばかりに、船坂山に向かうと、道を遮断して激しく射込みました。宵の内には出ていた月も今は山に隠れ、前後も分らない暗闇の中、親が討たれようとも、子が討たれても、ただ前へ前へと落ち延びるばかりです。

そんな中、菊池の若武者で、原源五、源六と言う、その名を知られた猛者が、退却の途中わざと後戻りして、味方の軍勢を落とすべく防ぎ矢を射ていました。やがて矢を射尽くしてしまうと、太刀の鞘を抜き払い、「菊池の同輩ども、もし居れば引き返せ」と、呼ばわりました。

これを聞いて遥か遠くまで落ちていた菊池の若武者ら、「それがしはここに居るぞ」と名乗りを上げながら、引き返してくると、城を出て戦っていた敵勢も、さすがに近づくことが出来ず、ただそこらの峰々に登り、閧の声を挙げるばかりです。その間に数万の官軍らは一人も討たれることもなく、

また大江田式部大輔もその夜の明け方に、山の里へ到着したのでした。和田備後守範長と子息の三郎高徳は、佐々木の一党が舟より上陸を計ろうとしていると聞き、これを阻止すべく西川尻に陣を構えていましたが、福山がすでに落とされたと聞き、それなら三石の勢と合流しようと、

九日の夜になってから三石に駆けつけました。しかし人に尋ねてみると、「早くも脇屋殿は、宵に播磨へ引き上げられました」と返答があり、それならば船坂は通行出来ないだろうと、先日搦手軍が迂回した三石の南側の山道を、手探りしながら一晩かかって越え、坂越の浦(赤穂市)に出てきました。

夜もまだ深く、このまま少しも休むことなく進んでいけば、簡単に新田殿の軍勢に追いつくことが出来たのですが、子息の高徳が先日の合戦に受けた傷がまだ治っていないのに、馬に乗って揺れたためか目もはっきりと見えず、精神的にも参っているので、とても馬には耐えられそうになく、

坂越の周辺にいる知り合いの僧侶を探し出して、預けようとしている内に時間は過ぎ、五月の短夜は明けてきました。


去程に此道より落人の通りけると聞て、赤松入道三百余騎を差遣して、名和辺にてぞ待せける。備後守僅に八十三騎にて、大道へと志て打ける処に、赤松が勢とある山陰に寄せ合て、「落人と見るは誰人ぞ。命惜くば弓をはづし物具脱で降人に参れ。」とぞかけたりける。備後守是を聞て、から/\と打笑ひ、「聞も習はぬ言ば哉、降人に可成は、筑紫より将軍の、様々の御教書を成してすかされし時こそ成んずれ。其をだに引さきて火にくべたりし範長が、御辺達に向て、降人にならんと、ゑこそ申まじけれ。物具ほしくばいでとらせん。」と云侭に、八十三騎の者共、三百余騎の中へ喚て懸入り、敵十二騎切て落し、二十三騎に手負せ、大勢の囲を破て、浜路を東へぞ落行ける。赤松が勢案内者なりければ、被懸散ながら、前々へ馳過て、「落人の通るぞ、打留め物具はげ。」と、近隣傍庄にぞ触たりける。依之其辺二三里が間の野伏共、二三千人出合て此の山の隠、彼の田の畷に立渡りて、散々に射ける間、備後守が若党共、主を落さんが為に、進では懸破り引下ては討死し、十八より阿弥陀が宿の辺迄、十八度まで戦て落ける間、打残されたる者、今は僅に主従六騎に成にけり。備後守或辻堂の前にて馬を引へて、若党共に向て申けるは、「あはれ一族共だに打連れたりせば、播磨の国中をば安く蹴散して通るべかりつる物を、方々の手分に向られて一族一所に不居つれば、無力範長討るべき時刻の到来しける也。今は可遁共覚ねば、最後の念仏心閑に唱へて腹を切らんと思ぞ。其程敵の近付かぬ様に防げ。」とて、馬より飛でをり、辻堂の中へ走入、本尊に向ひ手を合せ念仏高声に二三百返が程唱て、腹一文字に掻切て、其刀を口に加て、うつぶしに成てぞ臥たりける。其後若党四人つゞきて自害をしけるに、備後守がいとこに和田四郎範家と云ける者、暫思案しけるは、敵をば一人も滅したるこそ後までの忠なれ。追手の敵若赤松が一族子共にてや有らん。さもあらば引組で、差違へんずる物をと思て、刀を抜て逆手に拳り、甲を枕にして、自害したる体に見へてぞ臥たりける。此へ追手懸りける赤松が勢の大将には、宇弥左衛門次郎重氏とて、和田が親類なりけり。まさしきに辻堂の庭へ馳来て、自害したる敵の首をとらんとて、是をみるに袖に著たる笠符皆下黒の文也。重氏抜たる太刀を抛て、「あら浅猿や、誰やらんと思たれば、児嶋・和田・今木の人々にて有けるぞや。此人達と■疾知ならば、命に替ても助くべかりつる物を。」と悲て、泪を流して立たりける。和田四郎此声を聞て、「範家是に有。」とて、かはと起たれば、重氏肝をつぶしながら立寄て、「こはいかに。」とぞ悦ける。軈て和田四郎をば同道して助をき、備後守をば、葬礼懇に取沙汰して、遺骨を故郷へぞ送りける。さても八十三騎は討れて範家一人助りける、運命の程こそ不思議なれ。

ところでこの道を落人が通るらしいと聞き、赤松入道は三百余騎を派遣して、名和の周辺で待ち伏せさせました。その時、和田備後守範長が僅か八十三騎で大道に向かって進んでいましたが、赤松の軍勢がとある山陰に追い詰め、「落人とお見かけするがどなたですか。

命が惜しければ弓の弦をはずし、甲冑を脱いで降伏するがよい」と、迫りました。備後守はこれを聞いて、カラカラと笑い、「聞いたこともないようなことを言うものだ。降伏するのなら、筑紫に居る尊氏将軍から色々な御教書をもらった時にするものだ。

その御教書を引き裂いて火にくべた範長が、汝らに向かって降伏するなど言う訳がない。鎧兜などが欲しければやろうじゃないか」と言いながら、八十三騎の武者らは、三百余騎もいる敵の中に大声を上げながら駈け入り、敵の十二騎を切り落とし、二十三騎に傷を負わせて敵の重囲を破り、

海岸通を東に向かって落ちて行きました。赤松の勢は地理に詳しいので、敵を駆け散らしながら前へ前へと先回りして駆け行き、「落人が通るぞ、討ち取って甲冑など剥ぎ取ってしまえ」と近隣、近傍の村人達に触れて行きました。この話を聞いた近辺二、三里にたむろしている野伏ら二、三千が集まり、

こちらの山陰、向こうの田んぼの畦道などから、激しく矢を射ました。その中、備後守の若武者たちは、備後守をここから何とか落とそうとして、向かって行っては敵陣を突破し、後ろに退こうとしては討ち死にしたりしながら、阿弥陀宿あたりに着くまで、十八回の戦闘を繰り返し、

討ち取られることなく残った者は、今は僅かに主従六騎になっていました。備後守はとある辻堂の前に馬を寄せ、若武者らに向かって、「残念だが一族の者達を引き連れていたならば、播磨国中は簡単に蹴散らして通ることも出来たのに、方々の合戦に手分けして向かわせ、

一つにまとまっていない状況にあっては、範長はもはや討たれる時が来たようだ。今となってはとても逃げ切れるとも思わないので、最期にあたって心静かに念仏を唱え、腹を切ろうと思う。その間、敵が近づかぬよう防いでくれ」と言って、馬から飛び降りると辻堂の中に走り込み、

本尊に向かって手を合わせると、念仏を声高に二、三百回ほど唱えて、腹を一文字に掻き切り、その刀を口にくわえると、うつ伏せになって倒れ込みました。そのあと若党ら四人が後を追い、続いて自害しました。その時備後守の従兄弟で和田四郎範家と言う者が、しばらく考えた上、

敵を一人でも討ってこそ、後々の忠孝と言うものだ。追手の敵の中に、もしかして赤松一族の子供らも居るかもしれない。もしそうだったら、組み付いて刺し違えてやろうと考え、刀を抜くと逆手に握り、兜を枕に自害したように見せて伏せました。この時、追手として攻撃中の赤松軍の大将は、

宇弥左衛門次郎重氏と言う和田の親族でした。その者が辻堂の庭に駆け付けて来ると、自害した敵どもの首を取ろうとして見てみれば、袖に付けた笠印が下黒の紋(不明)です。重氏は抜いた太刀を放り投げ、「これは何ていう事だ。誰が自害したのかと思っていたら、児嶋、和田や今木の人々ではないか。

もっと早くこの人達だと知っていたら、自分の命に代えても助けたのに」と悲しみ、涙を流して立ちすくんだのです。伏せていた和田四郎はこの声を聞き、「範家はここに居るぞ」と言うや、ガバっと起き上がると、重氏はびっくりしながらも近寄り、「これは一体どう言うことなのだ」と、驚きながらも喜ばれました。

すぐ和田四郎の身柄を保護した上、備後守範長の葬儀をしめやかに実施して、その遺骨を故郷に送られました。このように八十三騎の人達が討たれながら、範家一人が助かるというのも、運命の不思議と言えるのでしょう。


○新田殿被引兵庫事
新田左中将義貞は、備前・美作の勢共を待調へん為に、賀古川の西なる岡に陣を取て、二日までぞ逗留し給ひける。時節五月雨の降つゞいて、河の水増りければ、「跡より敵の懸事もこそ候へ。先総大将又宗との人々許は、舟にて向へ御渡候へかし。」と諸人口々に申けれども、義貞、「さる事や有べき。渡さぬ先に敵懸りたらば、中々可引方無して、死を軽んぜんに便あり。されば韓信が水を背にして陣を張しは此なり。軍勢を渡しはてゝ、義貞後に渡る共、何の痛が可有。」とて、先馬弱なる軍勢、手負たる者共を、漸々にぞ被渡ける。去程に水一夜に落て、備前・美作の勢馳進りければ、馬筏を組で、六万余騎同時に川をぞ渡されける。是までは西国勢共馳参て、十万騎に余りたりしが、将軍兄弟上洛し給ふ由を聞て、何の間にか落失けん、五月十三日左中将兵庫に著給ける時は、其勢纔に二万騎にも不足けり。

☆ 新田義貞が兵庫に引き上げられたこと

新田左中将義貞は備前、美作の軍勢が引き上げて来るのを待ち、それを再編成するつもりで、加古川の西にある岡に陣を構え、二日間逗留しました。この時期五月雨が降り続き、川も増水しており、「後方より敵の襲い掛かってくることもあるだろう。まず総大将と主だった人々は、

舟で向こう岸に渡ってください」と、皆が口々に申し上げたのですが、義貞は、「そのようなことは出来ない。向こう岸に渡る前に敵が攻めてきたら、川を背にしては退却も出来ないので、死を恐れず思い切って戦うことが出来るだろう。これは韓信が水を背にして陣を構えたことと一緒である。

軍勢を渡し終えてから、最後に義貞が渡るのに何の問題があろうや」と言って、まず馬を得意としていない軍勢や、負傷した兵士らを順番に渡されました。やがて水量は一夜にして減少し、また備前、美作の軍勢らも駆けつけてきたので、馬筏を組んで六万余騎の軍勢は同時に川を渡ったのでした。

今までは西国の軍勢らが官軍に駆けつけていたので、十万騎を超えていましたが、尊氏将軍兄弟らが上洛を計っていると聞くと、いつの間にか人々は去って行き、建武三年(1336年)五月十三日に、左中将新田義貞が兵庫に到着した時には、総勢二万騎にも足りませんでした。


○正成下向兵庫事
尊氏卿・直義朝臣大勢を率して上洛の間、用害の地に於て防ぎ戦はん為に、兵庫に引退ぬる由、義貞朝臣早馬を進て、内裡に奏聞ありければ、主上大に御騒有て、楠判官正成を被召て、「急兵庫へ罷下、義貞に力を合せて合戦を可致。」と被仰ければ、正成畏て奏しけるは、「尊氏卿已に筑紫九国の勢を率して上洛候なれば、定て勢は雲霞の如にぞ候覧。御方の疲れたる小勢を以て、敵機に乗たる大勢に懸合て、尋常の如くに合戦を致候はゞ、御方決定打負候ぬと覚へ候なれば、新田殿をも只京都へ召候て、如前山門へ臨幸成候べし。正成も河内へ罷下候て、畿内の勢を以て河尻を差塞、両方より京都を攻て兵粮をつからかし候程ならば、敵は次第に疲て落下、御方は日々に随て馳集候べし。其時に当て、新田殿は山門より推寄られ、正成は搦手にて攻上候はゞ、朝敵を一戦に滅す事有ぬと覚候。新田殿も定て此了簡候共、路次にて一軍もせざらんは、無下に無云甲斐人の思はんずる所を恥て、兵庫に支られたりと覚候。合戦は兎ても角ても、始終の勝こそ肝要にて候へ。能々遠慮を被廻て、公議を可被定にて候。」と申ければ、「誠に軍旅の事は兵に譲られよ。」と、諸卿僉議有けるに、重て坊門宰相清忠申されけるは、「正成が申所も其謂有といへども、征罰の為に差下されたる節度使、未戦を成ざる前に、帝都を捨て、一年の内に二度まで山門へ臨幸ならん事、且は帝位を軽ずるに似り、又は官軍の道を失処也。縦尊氏筑紫勢を率して上洛すとも、去年東八箇国を順へて上し時の勢にはよも過し。凡戦の始より敵軍敗北の時に至迄、御方小勢也といへども、毎度大敵を不責靡云事なし。是全武略の勝たる所には非ず、只聖運の天に叶へる故也。然れば只戦を帝都の外に決して、敵を斧鉞の下に滅さん事何の子細か可有なれば、只時を替へず、楠罷下るべし。」とぞ被仰出ける。正成、「此上はさのみ異儀を申に不及。」とて、五月十六日に都を立て五百余騎にて兵庫へぞ下ける。

☆ 楠木正成が兵庫に向かったこと

尊氏卿と直義朝臣が大軍を率いて上洛しつつあるので、要害の地を選んで防衛戦を戦うべく、兵庫に退却する旨、義貞朝臣は早馬を立てて内裏に連絡しました。これには後醍醐天皇もびっくり仰天し、楠木判官正成をお呼びになり、「大急ぎで兵庫に向かい、

義貞と協力して合戦を行うこと」と、仰せられましたが、正成は畏まって、「尊氏卿がすでに筑紫九ヶ国の軍勢を率いて上洛中であれば、その軍勢は雲霞のような大軍だと思います。味方の疲弊した小勢でもって、勝ちに乗じた敵勢に向かって、まともな合戦などすれば、

味方は決定的な敗北を喫することになるでしょう。ここはただ新田殿を京都に呼ばれ、以前のように比叡山延暦寺に臨幸されてください。正成も河内に向かい、畿内の軍勢で河口を閉鎖して、京都を攻めようとする足利軍に前後から兵糧攻めをすれば、敵は次第に疲れて逃亡する者も出てくると思えるし、

反対に味方は日々参陣しようと駆け集まってくるでしょう。その時を狙って、新田殿は山門から押し寄せ、正成は搦手より攻め上れば、朝敵を一戦で滅ぼすことも出来るかと思えます。新田殿もきっとこの作戦に同意でしょうが、戦地に赴きながら途中で一戦にも及ばなかったので、

心無い人たちの考えていることを恥に思い、兵庫に滞陣していると考えます。合戦と言うものは、つまるところ最後に勝ちを得ることが肝心です。ここは良く良く熟慮され、朝廷としての決定を下してください」と、申し上げました。この献言に対して、「確かに軍事の件については、

武家に任すが良い」と、諸公卿らが会議させましたが、またもや坊門宰相清忠が、「正成の言うこと尤もだとは思いますが、朝敵征伐のため派遣した節度使が未だ一度も合戦も行わない内に、都を捨てて一年のうちに二度まで山門に臨幸するのは、言わば天皇の位そのものを軽んずる結果になり、

また官軍そのもののあり方をも否定することになります。たとえ尊氏が筑紫の軍勢を率いて上洛してきても、昨年(建武二年:1335年)、東国八ヶ国を率いて上京した時の軍勢には及ばないでしょう。そもそも戦が始まってから敵軍を敗北に導くまで、味方の軍勢が少ないと言っても、

毎回大敵を攻め潰してきました。これは何も武略が優れていた訳でもなく、ただ帝の運命が天の神に通じたからでしょう。そこで決戦は洛外で行い、敵を征伐し滅亡に追い込むことに何の問題があるのでしょうか。今は時を措かずに、楠木が兵庫に下るべきでしょう」と、申されたのでした。

正成は、「こうなれば今更異議を申し上げても仕方ないだろう」と言って、五月十六日、都を五百余騎の軍勢で兵庫に下って行きました。


正成是を最期の合戦と思ければ、嫡子正行が今年十一歳にて供したりけるを、思ふ様有とて桜井の宿より河内へ返し遣すとて、庭訓を残しけるは、「獅子子を産で三日を経る時、数千丈の石壁より是を擲。其子、獅子の機分あれば、教へざるに中より跳返りて、死する事を得ずといへり。況や汝已に十歳に余りぬ。一言耳に留らば、我教誡に違ふ事なかれ。今度の合戦天下の安否と思ふ間、今生にて汝が顔を見ん事是を限りと思ふ也。正成已に討死すと聞なば、天下は必ず将軍の代に成ぬと心得べし。然りと云共、一旦の身命を助らん為に、多年の忠烈を失て、降人に出る事有べからず。一族若党の一人も死残てあらん程は、金剛山の辺に引篭て、敵寄来らば命を養由が矢さきに懸て、義を紀信が忠に比すべし。是を汝が第一の孝行ならんずる。」と、泣々申含めて各東西へ別にけり。昔の百里奚は、穆公晉の国を伐し時、戦の利無からん事を鑒て、其将孟明視に向て、今を限の別を悲み、今の楠判官は、敵軍都の西に近付と聞しより、国必滅ん事を愁て、其子正行を留て、無跡迄の義を進む。彼は異国の良弼、是は吾朝の忠臣、時千載を隔つといへ共、前聖後聖一揆にして、有難かりし賢佐なり。

楠木正成は自分にとって今回は最期の合戦になると思い、連れていた今年十一歳になる嫡子の正行を、考えるところがあって桜井の宿より河内に帰す時、家訓ともいえる教えとして、「獅子は子を産んでから三日経てば、数千丈の絶壁からこれを放り投げる。もしその子獅子に素質、才能があれば、

教えなくても跳ね上がって、死ぬことはないと言う。まして汝はすでに十歳を過ぎている。父の言葉が一言でも耳に残れば、私の教えを守り、間違いのないようにするように。今回の合戦は天下の安定を選ぶか、それとも騒乱の継続を選ぶのかを決するものと思えば、今生にて汝の顔を見るのも、

今日が最後かと思うのだ。正成がすでに討ち死にしたと聞いたなら、天下は必ず尊氏将軍の世になると思うがよい。とは言っても、一時の命を助けようと思い、長年の忠節を裏切ってまで、降伏などしてはならない。一族や若武者らの一人でも生き残っていれば、金剛山付近に引き篭もり、

敵が攻め寄せてきたら命を養由(中国、春秋時代の弓の名人)の矢先におく気持ちで戦い、自分の義を紀信の忠(中国、漢の武将。劉邦の身代わりとなって、劉邦を助けその後、殺された)と比べて見ることだ。これを守ることが汝のとるべき第一の孝行である」と、泣く泣く説得して、各々東西に別れたのでした。

昔、晋の宰相、百里奚は秦国の穆公が晋国を征伐しようとした時、戦争に勝ち目がないと見極め、秦国の将である我が子、孟明視に向かって今生の別れを悲しみ、今、同じように楠木判官は、敵の軍勢が都の西方に近づいていると聞き、この国は必ず滅びると愁いて我が子正行を残し、

自分の亡き後も義を守り通す道を選びました。百里奚は異国の優れた臣下であり、正成は我が国の忠臣であり、その時間は如何に長く隔つと言えども、前時代における優れた人間も、後代の人間もその考えは同じで、補佐としてなかなか得がたい人物です。


正成兵庫に著ければ、新田左中将軈て対面し給て、叡慮の趣をぞ尋問れける。正成畏て、所存の通りと勅定の様とを、委く語り申ければ、「誠に敗軍の小勢を以て、機を得たる大敵に戦はん事叶ふべきにてはなけれ共、去年関東の合戦に打負て上洛せし時、路にて猶支ざりし事、人口の嘲遁るゝ時を得ず。其こそあらめ、今度西国へ下されて、数箇所の城郭一も不落得して、結句敵の大勢なるを聞て、一支もせず京都まで遠引したらんは、余りに無云甲斐存る間、戦の勝負をば見ずして、只一戦に義を勧ばやと存る計也。」と宣ひければ、正成重て申けるは、「「衆愚之愕々たるは、不如一賢之唯々」と申候へば、道を不知人の譏をば、必しも御心に懸らるまじきにて候。只可戦所を見て進み、叶ふまじき時を知て退くをこそ良将とは申候なれ。さてこそ「暴虎憑河而死無悔之者不与」と、孔子も子路を被誡事の候。其上元弘の初には平大守の威猛を一時にくだかれ、此年の春は尊氏の逆徒を九州へ退られ候し事、聖運とは申ながら、偏に御計略の武徳に依し事にて候へば、合戦の方に於ては誰か褊し申候べき。殊更今度西国より御上洛の事、御沙汰の次第、一々に道に当てこそ存候へ。」と申ければ、義貞朝臣誠に顔色解て、通夜の物語に、数盃の興をぞ添られける。後に思合すれば、是を正成が最後なりけりと、哀なりしこと共也。

さて正成が兵庫に到着すると、新田左中将は早速対面し、天皇のお考えについてお尋ねになりました。正成は畏まって自分の考えと、帝の勅定の内容について詳しく説明しました。新田左中将は、「確かに敗戦を喫した小勢で、機に乗じた大敵に戦いを挑むことは無理だとは思うが、

昨年関東における合戦で負けて上洛した時、退却途上においても、足利軍の進攻を止められなかったことに、人の謗りから逃れることは出来なかった。それにも関わらず、今回西国へ朝敵征伐に下されておきながら、数ヶ所の城郭一つ落とすことも出来ず、挙句は敵の大軍が上洛しつつあると聞き、

ただの一度も合戦を行わずに、遠く京都まで退却などすれば、あまりにも情けない話しだと考え、合戦の勝敗など度外視して、とりあえず一戦行って、忠義の程を見せたく思うだけです」と、話されました。それに対して正成はなおも、「『愚かな大衆の非難、誹謗など、一人の賢者の同意、承諾にはかなわない』とも申します。

そこで、ものの道理もご存じない人の非難など、お心にかけることは決して必要ないでしょう。ただ戦うべき時には戦い、戦いに利がないと見れば退くのが、優れた将官と言うものです。それで、『暴れる虎と戦ったり、黄河を泳いで渡ろうとして、死んでも悔いのない人間を、任命などしない』と、

孔子は武勇を好む弟子の子路を戒められました。まして新田殿は、元弘の初めにおいては、北条高時一族のゆるぎない権力構造を一瞬に砕き去り、また今年の春には、逆徒尊氏の軍勢を九州に追いやったことなど、天皇の運にも助けられたとは言え、新田殿の計略や武士としての徳や義に拠るところが大きく、

合戦の進め方に一体誰が批判できると言うのでしょうか。特に今回、西国より上洛されたことなど、その行動一つ一つも理にかなっています」と申し上げたので、義貞朝臣は顔色も良くなり、夜を通しての物語に数杯の酒が興を添えたのでした。後になって思い返せば、これが正成との最後の面会となり、悲しいことこの上もありません。


○兵庫海陸寄手事
去程に、明れば五月二十五日辰刻に、澳の霞の晴間より、幽に見へたる舟あり。いさりに帰る海人か、淡路の迫戸を渡舟歟と、海辺の眺望を詠て、塩路遥に見渡せば、取梶面梶に掻楯掻て、艫舳に旗を立たる数万の兵船順風に帆をぞ挙たりける。烟波眇々たる海の面、十四五里が程に漕連て、舷を輾り、艫舳を双たれば、海上俄に陸地に成て、帆影に見ゆる山もなし。あな震し、呉魏天下を争し赤壁の戦、大元宋朝を滅せし黄河の兵も、是には過じと目を驚かして見る処に、又須磨の上野と鹿松岡、鵯越の方より二引両・四目結・直違・左巴・倚かゝりの輪違の旗、五六百流差連て、雲霞の如に寄懸たり。海上の兵船、陸地の大勢、思しよりも震くして、聞しにも猶過たれば、官軍御方を顧て、退屈してぞ覚へける。され共義貞朝臣も正成も、大敵を見ては欺き、小敵を見ては侮ざる、世祖光武の心根を写して得たる勇者なれば、少も機を失たる気色無して、先和田の御崎の小松原に打出て、閑に手分をぞし給ひける。一方には脇屋右衛門佐義助を大将として末々の一族二十三人、其勢五千余騎経嶋にぞ磬へたる。一方には大館左馬助氏明を大将として、相順ふ一族十六人、其勢三千余騎にて、灯炉堂の南の浜に磬らる。一方には楠判官正成態佗の勢を不交して七百余騎、湊川の西の宿に磬へて、陸地の敵に相向ふ。左中将義貞は総大将にてをはすれば、諸将の命を司て、其勢二万五千余騎、和田御崎に帷幕を引せて磬へらる。去程に、海上の船共帆を下して礒近く漕寄すれば、陸地の勢も旗を進めて相近にぞ成にける。両陣互に攻寄て、先澳の舟より大鼓を鳴し、時の声を揚れば、陸地の搦手五十万騎、請取て声をぞ合せける。其声三度畢れば、官軍又五万余騎、楯の端を鳴し箙を敲て時を作る。敵御方の時の声、南は淡路絵嶋が崎・鳴戸の澳、西は播磨路須摩の浦、東は摂津国生田森、四方三百余里に響渡て、苟に天維も断て落、坤軸も傾く許なり。

☆ 兵庫に海と陸から攻め寄せてきたこと

明けて、建武三年(1336年)五月二十五日の辰刻(午前八時頃)に、沖合いを漂う霞の晴れ間に、かすかに見える舟が現れました。漁から帰ってくる漁師なのか、それとも淡路の瀬戸を通り過ぎる舟なのかと、海辺から眺め、海路遥か先を見渡せば、右舷左舷に大きな楯を立て並べ、

船首と船尾には旗を立てた数万の兵船が、順風を受けて帆を揚げています。煙ったような遥か波のかなたの海上に、十四、五里ほどの長さに漕ぎ連ね、舷側が入れ替わりながら、船首船尾を並べて進む様子は、まるで海上に突然陸地が出現したようであり、帆影に隠されて遥か対岸の山も見えません。

あぁ、なんと恐ろしいことでしょう。呉国と魏国が天下を争った赤壁の戦いも、大元王朝が宋朝を滅ぼした黄河の合戦も、今回のこの規模にはかなわないのではと、驚きの目で見ていると、今度は須磨の上野、鹿松岡や鵯越の方から、二引両や四目結、直違、左巴また倚かゝりの輪違いなどの紋がついた旗、

五、六百旒を差し連ねて、足利軍が雲霞のように攻め込んできました。海上の兵船、陸上の大軍も考えていたより恐ろしく、聞いていた以上の大軍であれば、官軍側は味方の軍勢を考え、思わずしり込みしそうになります。しかし義貞朝臣にしても、正成にしても大敵と見れば奮い立ち、

小敵だといって侮ることもなく、後漢の世祖光武帝の心意気そのままを持った勇者ですので、少しもひるむことなく、まず和田岬の小松原に進出し、落ち着いて軍勢のの配置をしました。また他方、脇屋右衛門義助を大将として、一族の末端まで二十三人、軍勢として五千余騎を経島に配置しました。

一方大館左馬助氏明を大将として、従う一族十六人その勢三千余騎にて、灯炉堂の南の浜に展開しました。また一方楠木判官正成はあえて他家の軍勢を交えず、七百余騎にて湊川西の宿に待機して、陸地から攻めてくる敵に備えました。左中将義貞は総大将ですから、

諸将への軍令を次々と発しなければならないので、総勢二万五千余騎で和田岬に帷幕を張り巡らし、本営を構えました。やがて足利軍は、海上を進んでいた多数の舟が帆を下ろし、磯近くまで漕ぎ寄せて来ると、同じく陸上を進んで来た軍勢も旗を進め、海陸の両軍はお互い近づいてきました。

両軍お互い攻め寄せると、まず沖の舟から太鼓を打ち鳴らし、閧の声を挙げれば、陸地の搦手軍、五十万騎がそれに合わせ閧の声を挙げました。その三度の声が終わると、また官軍側でも五万余騎の軍勢が、楯の端を鳴らし箙を叩いて閧を作りました。

この敵味方の閧の声は、南は淡路の絵島が崎、鳴門の沖まで、西は播磨路須磨の浦、また東は摂津国生田の森まで、四方の三百余里に響き渡り、まるで天を支えていると言われる綱が切れ落ちたのか、はたまた大地を貫き支えている地軸が傾いたのかと思われるほどでした。      (終り)

←前へ   太平記総目次に戻る   次へ→